【チーム158】

●1月10日は、大原櫻子さんのお誕生日でした。
21歳になります。
去年はアルバム発売、武道館コンサートでした。
今年はミュージカル『わたしは真悟』、
『Little Voice』(主演)、
映画『チア☆ダン』主題歌&挿入歌担当、
シングル『ひらり』発売(3/8)とフル回転。
今後の活躍にも期待します。
bd20170115B_convert_20170129131156.jpg

bd20170115_convert_20170129131125.jpg


●1月19日は、宇多田ヒカルさんのお誕生日
34歳になります。(はあ~、もうそんなお歳ですか)
去年は復活の年でした。
音はますます研ぎ澄まされて、必要最小限の音数に絞られた、
まさに名盤でありました。
(ビートルズでいえば、『リボルバー』、
ディランでいえば、『血の轍』)
音楽的にも、他のアーティストとのコラボも増え、
これからの音楽的な発展も大きく期待したいところです。
日本の音楽シーンをまた実りあるものに、
大きな力をお貸しください。
20170129a_convert_20170129130923.jpg

20170129b_convert_20170129130950.jpg

20170127c_convert_20170129130833.jpg


●1月25日は、多部未華子さんのお誕生日。
おめでとうございます。
幸せになってください(それだけかいw)
もう28歳。
いい年齢だと思いますね。

bd20170125b_convert_20170129131249.jpg

bd20170125a_convert_20170129131223.jpg

みなさん、おめでとうございます!







【やっぱりワンコがよく似合う】

UQモバイルのCMは美人さんに写り過ぎじゃないですか(笑)

20170115a_convert_20170115132330.jpg


20170115b_convert_20170115132357.jpg
こちらは、安心の多部ちゃん・・・

深キョンはパ^フェクト。
(M・モンロー的な意味で)

永野ちゃんは惜しい・・・
ショートにすればよかったのに・・・
(カルピスウォーターは良かったなあ)
【イチ、キュ、パア!】

ここのところ、多部ちゃんのCMをよく』見かけます。
やよい軒、マウントレーニア、VICS、そしてUQモバイル・・・
(多部史上、ちょっとしたCM女王状態w)
とくにUQは、どんどん新作も出て、ヘビーローテーション
されているのでうれしいですね。

長女の深キョンも相変わらずキレイだし、
三女焼くの永野芽郁ちゃんもカワイイ。
でも、動いてるときの多部ちゃんの魅力的な表情が
とてもいいですね。

ちょっとクールなんだけど、ちゃっかり屋でおきゃんな感じ。
最後の「イチ、キュ、パア!」というときのおどけた感じが
なんとも言えないです。
(ちょっと手玉に取っているようないたずらっぽいおとぼけ顔)
いいよいいよ、なんでも買っていいよ、と言いたくなります(笑)

uq20170108a_convert_20170109124917.jpg

uq20170108d_convert_20170109125148.jpg
このとき、片えくぼがはっきり見えます。

uq20170108c_convert_20170109125054.jpg
からの「ぱあ」。
このシークエンスがたまらなく可愛いです。
お茶目で憎めないですね。

ロペ・ピクニックのCMが終わってしまったのは残念でしたが、
このシリーズが出てきてよかったです。
こういうチャッカリした多部ちゃんが見たいんですよ。

uq20170108b_convert_20170109125015.jpg
【UQモバイル CMギャラリー】


【放牧宣言】

宇多田ヒカルが復活したと思ったら、今度はいきものか・・・

もうね、年末のなんとか歌謡祭とかなんちゃらフェアは、
アレとかソレとかコレといった学芸会がほとんどで
見たい、聞きたい歌手・グループはほんのひとにぎりでした。
病室でイヤホンして聞いてて、辟易としたものでした。

やっとミュージシャンと呼べる人材が戦線復帰したと思ったら、
メジャーデビュー10年目を果たしたいきものがかりが
活動休止すると発表がありました。
なかなか駒がそろわないものですねえ・・・

ただし、おのおのの活動を充実させ、スキルを磨くための
前向きな「次のステップ」への助走のような感じなので
あおんなに心配はしていません。

聖恵ちゃんの歌唱力、タレント性。
リーダー水野の作曲能力、プロデュース力。
山下ホッチの演奏力(ハープ)、作曲能力、コミュミケーション能力。
或いは、未知数の可能性があるかもしれません。

去年からなんとなく前兆はありましたね。
としかく、このまま惰性で続けるより、充電して
さらにパワーアップしてから再結集するのも手でしょう。

宇多田ヒカルのときのような喪失感はありません。
彼らは次のステージに向けて、それぞれの可能性を
広げてくれるに違いありません。

まずは、吉岡聖恵のソロ・アルバム。
水野・山下の他のアーティストへの楽曲提供。
この辺から始まるんでしょうかねえ。
楽しみです。

海老名・厚木には行けなかったけれど、
再結成コンサートには必ず参加するからね!

20170105a_convert_20170105153904.jpg


◇     ◇     ◇

【いきものがかり放牧宣言】

10年間、
3人で一生懸命に頑張ってきたので、

ここらで一度、
メンバーそれぞれ、
自由になってみようと思います。

好きなことをやってみたり、
新しいことをはじめてみたり、
ぼーっとゆっくりしてみたり、
行ってみたかったところへ旅に出てみたり。

それぞれの未来を、もっと広げるために。

3人の物語を、もっと長く、もっと楽しく、続けるために。

いきものがかり放牧宣言。

ここでひとまず「今まで、ありがとう。」
そして「これからも、よろしく。」

いきものがかりは3人が帰って来る場所です。
またみなさん笑顔で、会いましょう!

それでは行ってきます。

放牧!


◇    ◇   ◇

これまで、おつかれさま!
ありがとう!!!!




【ベートーベン/交響曲第9番合唱つき】

【12/27】

妻と、とてつもない第九を体験してきました。
横浜みなとみらい大ホールにて小林研一郎と日フィル。

いきものがかりの海老名/厚木公演も
ディズニー・オン・アイスも
BUNKAMURAのグレン・ミラー楽団コンサートも

予約しておきながら、入院のためキャンセル・・・
(妻が友人とか家族を連れて行ってきましたが)

なんとかぎりぎりで退院し、この演奏会には出かけられました。
生で、年末に「第九」を聴くなんてベタな展開は
何十年ぶりだったでしょう。

早めに午後の腹膜駐留バッグ交換を済ませ、
午後5時ごろにはみなとみらいに到着。
腹ごしらえをしなきゃいけないけど、ホテルでディナーとか
そんな時間はないのでアメリカンテイストなお店で
チリ・チーズ・ホットドックとエスプレッソ・アイスクリームを
食べ(とてもこれから「第九」を聴きにいく前の食事とはいえないけど)
あたりが暗くなってきた頃に、いざ会場へ。

“前菜”のバッハのオルガン曲は有名なものばかりでRしたが、
かなり期待はずれでした。オルガンは立派だったんですけどねえ・・・
女子大生の発表会じゃねえ、つうの!

言うなれば『ドS刑事』の脚本レベル

まあそれはどうでもいいですけど(ハナから期待してませんでしたから)


□   □   □


しばしの休憩の後、いよいよ楽団員が三々五々登場。
ティンパニーやホルンなどの音だしチェックが行われます。
で小林研一郎登壇。
テレビで拝見するより、さらに老け込んだ感じ・・・
(歌丸さんかい?)

ところが演奏が始まるやいなや、驚きました。
まあ、こんな生きのいい「第九」は初めて聴きました。
畳み掛けるような第一楽章、
切れのいい第二楽章、
どこまでも甘美な第三楽章と、
(もちろん元々そういう楽曲なんですけど)
どれもベートーベン至極の音楽なんですが
これがなんとも瑞々しい!

これが日本フィル?


イメージでいうと、端正で優等生的な秀才集団が
どこかで一杯ひっかけてきて、ちょっと殻を破って
勢いをつけてる感じなんですよ。
スピーカーでいうと、ヤマハやオンキョーじゃなくて
ドンシャリで派手派手チックなJBL。

年末だからいいでしょ、これで(笑)

そして第三楽章から途切れることなく、
雪崩を打って始まる第四楽章。

もう映画でいうと「アベンジャーズ」おお、友よ! このような調べではない!
あまりにも有名な歓喜の歌のテーマが管楽器で奏でられる頃には
わたしはもうボロボロ泣いておりました。

そして「おお、友よ! このような調べではない!」と始まる
合唱パート。みなとみらいホールの舞台後方にずらりと並んだ混声合唱団。
200人くらいはいたでしょうか。
これがまたすごい。
もう歓喜というより、狂気に近いくらい(笑)
オーケストラの熱演に負けじと怒涛のような音量でセナって着ます。
指揮者の小林御大といったら、もう指揮なんかしてません。
水をくんで(いや油かな?)燃え盛る炎(私ら観客)にぶっ掛けるような仕草。

「行けー!天まで届かせろー!!」

これまで自分の手がけてきた交響曲のエッセンスを最良の形で提示したあと、
これを全部「このような調べではない!」ってちゃぶ台返してからの
あの(能天気な)「歓喜の歌」
最初は衝突しあっていた演奏と合唱がやがてひとつに融合し
とてつもないエネルギーとなって響き渡りました。
(まあこれなら、ゴジラを退治できると思いますわ)

クラシック音楽を聴いて、というか体感して
おいおい号泣したのは初めてです。
できれば、ずっとずっとこの空間に浸っていたかったです。
なにはともあれ、「炎のマエストロ」の情熱で、振りきれた演奏と大合唱。
まさにライブ会場のような盛り上がりになりました。
(指揮者や演奏者も驚いていたくらい。
まったく予期せぬほどの出来上がりだったのでしょう)

あぁ、ビックリした。


【12/29】

仕事納めの翌日は高校時代の友人たちと、一泊の忘年会でした。
全員すでに嘱託の身ではありますが、まだまだ現役。
職種は違うけれど、ガンバってます。
...

2016年の後半はなんだか病院で寝っ転がっているような日々でしたが
年末ギリギリの2つのイベントでずいぶんとパワーをもらいました。
2017年は少しずつ、復活の年にしたいものです。

15823104_742807669211530_4654714236856963666_n_convert_20170103182002.jpg
演奏会場の様子がモニターで見られます。
きれいなパイプオルガン。
その下部の座席にずらりと焼く200人の合唱団が並びます。

15781017_742807685878195_5228017848089796410_n_convert_20170103181937.jpg
会場時間に付いたらもう長蛇の列。

15747634_742807705878193_134957065756836908_n_convert_20170103182031.jpg
当日のプログラム。

15726619_742807769211520_6251774614525888507_n_convert_20170103181838.jpg
15726224_742807792544851_455359080553027513_n_convert_20170103181744.jpg
15780910_742807755878188_3861276541456614063_n_convert_20170103181910.jpg
みなとみらい大ホールの近くのアメリカンハウスにて。
入院中病院食で積んできた「功徳」を一気に帳消しにしますw
でもウマかった(笑)
アイスクリームにエスPレッソをかけて頂きます。

とても退院3日目の人間が食べるものじゃないですね(笑)

15726520_742807725878191_4479195882004770333_n_convert_20170103181812.jpg
終演後はすっかり暗くなっていました。
ちょうどいいクールダウンw