【ばいばい、かわさきいづみたん】

ったく最後までグダグダの脚本でしたね。

マヤのお父さんは一体どーなったんでしょ?
ナンバー3の犯罪に対し、ナンバー2が登場しないってのも???
結局、マヤの人となりも警察に入った動機も、父親との確執も、
どうしてドsになったかもなーんも描かれないんですから、
他のキャストに至っては何を言わんかやですね。
取ってつけたような警察内部の犯行というのも噴飯モノですが、
他のことに比べたらどうってことない(笑)

最終回はアクション多目ということで、このドラマとしてはテンポよく
見やすかったです。どうせ多部ちゃんしか追っかけてませんが・・・

グズグズになった全ての責任を一身に引き受けたかわさきいづみたんの勇気に
拍手を送ります(おかげで多部ちゃんが叩かれなかったW)

とにもかくにも皆様、お疲れ様でした!
いろいろ悪口言えて、この3ヶ月楽しませてもらいました。

これで脚本がマトモだったら、さぞかし面白い作品になったかと思うと
ある意味、SP、パート2、映画化なんていう夢も涌いてきます。
(別の脚本家でお願いします)
主演女優はもう2度と鞭は振るわない、と言っていますが・・・

さいなら、『ドs刑事』!
ブルーレイは買いますよ、約束通り(笑)

◇   ◇   ◇

多部ちゃんフォトギャラリー

dsk20150621a_convert_20150623131427.jpg
この2人のツーショット(頭痛が痛いみたいな文になっちまった)は。
画に力がありますね。 剛の課長に柔のマヤ。同じドsでもちょっと違います。
竹刀と鞭という感じ。


dsk20150621b_convert_20150623131512.jpg
心なしか、少しずつ柔和な表情も浮かべるマヤ。
不適な微笑とはまた違う。アルカイックスマイル。


dsk20150621c_convert_20150623131531.jpg
本庁のなんちゃらに詰め寄るマヤ。
目がいいです。


dsk20150621d_convert_20150623131551.jpg
これは不敵な笑み、の方。


dsk20150621e_convert_20150623131611.jpg
なんか公園というより、遊具の資材置場みたいな感じ。
最終回なのに、どうにかなんないのかねえ。
ギャラリーの子供たちもいないし(ケチった?)


dsk20150621f_convert_20150623131630.jpg
ちょっとコントラストを強くして遊んでみました。
ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビー』のジャケット写真みたいに
なりました(笑)


dsk20150621g_convert_20150623132213.jpg
今度はちゃんとお顔を写します。
色っぽいw

dsk20150621h_convert_20150623132237.jpg
実は、この多部にらみこそ、ヘソちら以上のサービスカット。
だって、おヘソは大抵の人についてるけど、
多部にらみは多部ちゃんだけのものですもの。

dsk20150621i_convert_20150623132336.jpg
だんだんドs攻撃への布石をうっていくマヤ。
なかなかユニークな拘束方法で、私も是非おねがいしたいです。
すりすり、もそもそしたいものです(完全に色惚けじいさん)
代官山巡査、私と変わりなさい。
ああ、こんなことならジャニ○ズに入っとけば良かった・・・

dsk20150621j_convert_20150623132358.jpg
特殊警棒を取りそこね、次には強力接着剤Sの登場。
でもここじゃないんですよ、これ使うの。
こういうところで、いづみたんセンス無いって言われるんですよ。
もっとマヤはじめ加勢に来た強行班のみんなが絶体絶命のピンチに
なったときに、満を持しての「ア、ポケットにこんなものが」でしょ?
最後の切り札をこんなに早くつかっちゃ、UNOにも勝てませんよ。
この面白くのないギャグを何度も何度も繰り返して、
見てたのは、「あれ?最近出さなくなったぞ」と思いきや、
(しばらく登場しなくなったのは、正解なんです)
大ピンチの時の一発逆転!ここでそうきたか!
それがコメディのカタルシスでしょ?
荒野の七人で、トンズラこいたギャンブラーがみんながピンチのときに
戻ってきたり、「スターウオーズでハリソン・フォードがルークを助けに
戻ってきたり、デカワンコで一子が膝カックンでピンチを脱したり・・・
みんなそういうことなんですよ
もう、物書きやめてください!
(あ、最終回かw)

dsk20150621k_convert_20150623132420.jpg
こういう表情見るたびに、
ああ、本格的なアクションやってくれないかなあ、と思います。
でも今の日本じゃアクション流行らないらしいですねえ。
「ラストコップ」の穂王がずっとコメディでアクションでしたね。
共演はもうムリかなあ・・ どっち転んでも・

dsk20150621l_convert_20150623132522.jpg
鞭アクション。
やっぱりスローじゃないからスピーディでテンポがいいですね。
からだのバランスもとってもいい。

dsk20150621m_convert_20150623132618.jpg
文字通り、鞭のようにしなる身体。
こういう姿勢がCGアクションに説得力を持たせますね。


dsk20150621n_convert_20150623132638.jpg
最後までこの 中村靖日という役者を活かせませんでした。
『運命じゃない人』とかWOWOWドラマ『ルパンの肖像』とかを見ていれば、
この人の本当の持ち味がわかるのに・・・
敬意をこめてワンショットで(笑)
でもなんで、みんな急に格闘が強くなったんでしょ?

dsk20150621o_convert_20150623132700.jpg
「ちょっと外の空気を吸いましょうか?」
意外とこの2人の芝居の相性がよさそうだというのが
数少ない収穫のひとつ。

dsk20150621p_convert_20150623132743.jpg
おでこーう(サービスカット満載)


dsk20150621q_convert_20150623132806.jpg
鞭アクションのシークエンスでのベストショット。
足も全部写ってるしw


dsk20150621r_convert_20150623132826.jpg
いい表情です。ホント多部未華子が見所のドラマでした。
ある意味、すがすがしい(笑)

dsk20150621s_convert_20150623132848.jpg

dsk20150621t_convert_20150623132913.jpg
正直、上と下でどう違う?と言われても答えようが・・・
はい、上はおヘソがドーンと見えてて
下は姿勢がいい、と(ただし足は見切れてる)
ジャズでいう「別テイク」みたいなもんですかね(笑う
でもこんなにぶんぶん回してるヒマはないですよね?
課長の拳銃には弾丸残ってなかったんですっか?

dsk20150621u_convert_20150623132935.jpg
最後の最後の「バッカじゃないの?」とおもいきや
課長さんもマヤに(ちょっとやさしく)「バッカじゃないの?」
でも最後なんだから、マヤで「ファイト!」と「耳がキーン・・・」の
フルバージョンの方を聞きたかったですね。

かわさきいづみたん、バッカじゃないの?

dsk20150621v_convert_20150623133005.jpg
「でも助けに来てくれるんですよね?」
なんともいえないマヤの表情。
この顔の解説だけで本が一冊書けそう(笑)

dsk20150621w_convert_20150623133028.jpg
でもすぐに「黒きマヤ」の表情に戻ります。

あれ、話変わりますけど、
マヤのお母さんでなくなったんでしたっけ?

dsk20150621x_convert_20150623133118.jpg
最後だから、全員写しちゃいます。
基本の「7人」。 キーハンター的横並び
もうこれでみんなともお別れですね。


dsk20150621y_convert_20150623133137.jpg
さいごはやはりドsのツーショット。
実を言うと、カミさんはけっこう楽しんでいました。
代官山が「っわー!」っていうとこと
回転遊具のところ。

とにもかくにもキャストのみなさんご苦労様でした。
SPが続編が映画 期待しないで待ってます。

いづみたん抜きで(マジで)