【多部ちゃん、だんだん可愛くなる】

いささか、『つばさ』以前のドラマ出演時を思わせるような「コメディ演技」から
始まった多部ちゃんではありますが、盟友?濱田岳らと絡むあたりから段々
尻上がりに調子が出てきました。

DSC_0113_convert_20151130141707.jpg
なんとなく、可愛さと同時に(過剰にならない程度の)女らしさを
醸し出してきていますね。

DSC_0115_convert_20151130142313.jpg
お父さん役に山崎一。
共演した『農業少女』も、のちの活躍につながるエポックメイキングば作品
でしたね。これでガンバッたからこそ、「舞台女優:多部未華子」が育って
いったんですよね。

DSC_0116_convert_20151130142350.jpg
場面は違うけれど、濱田岳とのやり取りは安定して面白かった・・・
「ローリエとグリーンピース2回言った・・・」
「うるさいっ」
もう絶妙の間が”夫婦漫才”みたいですねw

連続ドラマ化するなら是非このコンビを軸にして欲しいくらい・・・
ああ、ドs刑事の相方が・・・(以下略)

DSC_0117_convert_20151130142413.jpg
なんかもう、私の知ってる多部ちゃんじゃないです(笑)


DSC_0118_convert_20151130142430.jpg
深刻な表情の多部ちゃん。
コミカルからシリアスまで幅広い表情の変化が楽しめます。
これぞ、多部未華子の真髄でしょう。


DSC_0119_convert_20151130142453.jpg
この画像を見ると、昔に戻ったよな表情ですね。
『ルート225』のまんまw
可憐な少女のイメージ。

DSC_0120_convert_20151130142541.jpg
背景のボカシが美しいです。
同時に陽子先生によぎる不安を暗示してますよね。


DSC_0121_convert_20151130142559.jpg
灯衣ちゃんを人質にとった篭城犯(のモニター)を見上げる陽子先生。
『西遊記』のときの竜を見上げるシーン、
『東京バンドワゴン』のときの書庫の2階を見上げるシーンとか
あんまりこういう構図はないですよね、多部ちゃん。

DSC_0122_convert_20151130142714.jpg
キレイになった多部ちゃん。
メイクに頼らず、表情を変えるだけで
ちょいブスからそこそこ美人まで演じられるのはお見事。

DSC_0123_convert_20151130142731.jpg
ストーリーは、あまり面白くありませんでした。
多部ちゃんの表情と他の共演者とのケミストリーをひたすら
堪能するドラマ。


DSC_0124_convert_20151130142755.jpg
日暮と灯衣ちゃんの「擬似親子」の様子をあたたかく見守る陽子先生。
柔和になった目が印象的です。

DSC_0125_convert_20151130142855.jpg
マンツーマンで榎木医師から懇願される陽子先生。
日暮を立ち直せるのは、あなただけだ」とかなんとか。
はい、完璧に続編または連続ドラマ化ありきの展開ですね。
陽子先生の過去の思い出とも関係がありそうだし・・・
(でもみんな忙しそうだなあ)

ところで、キーホルダー結んだ輩の正体は
分かったんですかね?