【『ラストホープ』終了!】

ま、なにはともあれお疲れ様でした。
たっぷりと英気を養って、また新しい多部未華子を
私達に見せてください。

LHlast01


さっそく、ブルーレイとかは人気のようですね。
さすがジャニーズ!
ラストホープ Blu-ray BOX
発売予定日は2013年8月21日です。


ラストホープ Blu-ray BOXラストホープ Blu-ray BOX
(2013/08/21)
相葉雅紀、多部未華子 他

商品詳細を見る






【開店1周年です】

昨年3月に、転倒して左足膝を骨折し、年度末のいちばん忙しい時期に入院し、
ベッドの上からはじめた拙ブログも、3月29日をもって1周年を迎えることとなりました。
これもひとえに皆様のおかげと存じ上げます。
有難うございました。


それに加え、昨年は映画に舞台にドラマにCMに番宣に、と
多部未華子ちゃんの八面六臂の大活躍で、書くほうも
ネタに困らないというか、逆に煽られまくり、戸惑いまくりの
あっという間の1年でした。お蔭様で我が家にもロペの服が増えました。

ぐだぐだと回りくどく、長くて要領の得ない悪文ではございますが、
これからも精進いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。


Nashville Skyline (Reis)Nashville Skyline (Reis)
(2004/06/01)
Bob Dylan

商品詳細を見る

愛はそこにある、愛だけが地球を回している。
それは間違いないよね。

~from "I Trew It All Away"


【EMIレーベル最後のリリース】

[スポーツ報知13.3.30より抜粋]
EMIは1955年に東芝の音楽部門として設立、60年に東芝音楽工業として独立した。
73年に英EMIの資本参加により、東芝EMIに改称、2007年に東芝が株式を手放した際、
社名をEMIミュージックに変更した。邦楽では坂本九、越路吹雪、松任谷由実、オフコース、
薬師丸ひろ子、「BOOWY(ボウイ)」、宇多田ヒカル、椎名林檎らの人気歌手を生み出し、
洋楽ではザ・ビートルズ、ピンク・フロイド、デヴィッド・ボウイらを手掛けてきたが、
今月いっぱいでEMIとしての事業を終え、UM内のレーベルとして再出発する。・・・


で、最後にリリースされたのが、北山修(66歳!)、坂崎幸之助による『フォークル』の
トリビュートアルバム。表題曲は加藤和彦の手による未発表曲に北山が歌詞をつけたものだとか。
思えば、ブルーノート、ザ・ビートルズ、松任谷由実、宇多田ヒカル、椎名林檎 といろいろ
お世話になったものですが、時代は変わりますねえ・・・

ちなみに、義理堅い?私の家電はほとんど東芝、HDDレコーダー(多部ちゃん専用機)も、パソコン2台
も(あと1台、最後のIBM、ThinkPadがある)掃除機も東芝。いやもう東芝、関係ないんですけどねw

【スポーツ報知】

若い加藤和彦のように若い加藤和彦のように
(2013/03/30)
ザ・フォーク・クルセダーズ

商品詳細を見る


ザ・フォーク・クルセダーズ時代からソロまでの加藤和彦作品を取り上げています。
「家をつくるなら」なんてひさしぶりです。


【『Music Lovers 』最終回SP】

2010年12月5日放送回より、
ゲストの多部ちゃんが斉藤和義に『ウェディング・ソング』をリクエスト。

爪弾くだけかい!

好きなミュージシャンの前でデレデレな多部ちゃんが見られる貴重な映像。
この日のSPには、いきものがかり、Perfume、YUI、その他のアーティストの名場面が流れました。
これで宇多田ヒカルがいたら、このもりあ亭的に「勢ぞろい」なお宝映像になったところです。
惜しい・・・

ML130302
ML130301


【丸山第一公園のサクラ】

スーパーに買い物がてら、プラプラと近所を散策しました。
6年間過ごした小学校。
美空ひばりの生家があった商店街。
子どもの頃、みんなと遊んだ公園。
今もブランコやすべり台などの遊具で、子ども達が遊んでいます。

桜はまだ七分咲き、でも来週には散ってしまうでしょう。
今日が見ごろかも。

青空がきれいだったので、『青空のゆくえ』を思い出しました。
最近、ちょっと気に入ってる映画。
もう春ですねえ・・・

SAKURA13001

SAKURA13003

SAKURA13002

やっぱり、日本人は桜だなあ・・・







【フライングゲット!】

我が家は2人とも、誕生日が4月なんですが、ベイシャエラトンの鉄板焼きが
3月いっぱいまで「伊勢海老&松坂牛」キャンペーンということで、
約1ヶ月早く、バースデーディナー・パート1を開くことになりました。

夕方、地下鉄で横浜駅西口は、ホテル・ベイシャエラトンに直行。
地下街のショッピングモールで、Rope'Picnicの店舗を発見。
ツレは、店舗初体験でした。去年買った春のトレンチ着てたけど・・・

ま、別になにか多部ちゃんグッズもらえるわけでもないので、しばらく
「見てるだけ」して、ホテルへと急ぎました(予約は6:00PM)
そういえば、CMメイキングはキャンペーンのアンケートに応募しないと
見れない仕組みなんですよね。昨日さっそく申し込みました。
アンケートにも、「多部未華子さんは透明感があって、ロペの服がよく似合う」
と意見を書いておきました(営業、営業・・・)

さて、店内にはいると、特別室に案内され(鉄板焼コーナー)、シャフがガーリックの
山を鉄板で炒めはじめました。
前菜→かぼちゃのスープ→伊勢海老の鉄板焼き→サラダ→松坂牛のフィレとサーロイン、
野菜焼き→ガーリックライス→デザートというコースでした。
客は、ダンディなおじさま一家と、地方の女子大生(卒業旅行か?)

ちょっと背伸びした贅沢ですが、数年前はひっくり返っていたのですから、
生きているだけでもうけもの(笑)明日からまたガンバロウという気になりました。
みなとみらいの夜景も楽しみながら、山海の恵みに感謝しながら、酔っ払った一夜でした。

130325B
ランドマークタワーを眺めながら、ワインは
シャンパン→白ワイン(ランゲ・ビアンコ)美味しかったので3杯ずつ→赤ワインの順。

130325C
伊勢海老をさばくシャッフ。
目の前での作業に食欲がいや増します。

130325D
伊勢海老の鉄板焼きの完成。
ワインでむしてあります。

130325A
フランベーーーー!

130325E
メインの松坂牛のステーキ。
付けあわせと鉄板の上にあるのはガーリックスライス。
時間をかけてカリカリに焼いて、オイルは料理に使いました。
お肉はもちろん口の中でとろけてしまいます。
ご馳走様でした。



【ホテル・ベイシェラトン 鉄板焼き「さがみ」】



【今度はメガネっ娘】

顔面アップもあります(笑)
朝からTVウオッチしてたら、いきものがかりの新曲が聞けました(笑)
関係ないけど・・・





【CM Watch 】
ロペピクニック 春のCMが3月25日(月)よりオンエア!!
昨年の秋冬に引き続き、今春もロペピクニックの新・CMが3月25日(月)よりオンエアスタート!!
モデルは、ロペピクニックのイメージモデル、多部未華子さん。
そこで!嬉しいお知らせ!! CMのオンエアを記念して、2,000円(税込)以上お買い上げの方に限定の
ショッピングバッグをプレゼントします♪  CMの舞台でもあるヨーロッパのリゾートをイメージした
バッグはちょっとしたお出かけやGWのショートトリップにもぴったり!
CMのスペシャルサイトは3月25日(月)に公開!同時にSNSキャンペーンもスタートします。お楽しみに♪


ROPE130324


2013.03.20

公式サイト:最新情報より

【Rope' Picnic ホームページ】



【女優登竜門デビュー】

○ショートフィルム道 68FILMS
第4話『東京危機一発』


『理由』でスクリーンデビュー果たしたのが、2004年12月。
溯ること1年前、2003年に「68FILMS東京少女 第4話」として
BS-TBSで放送されました。
ということは、多部ちゃん13才のときの映像ということですね。
新人女優の登竜門と言われ、他の回では
宮崎あおいや堀北真希といった面々も出演しているそうです。

多部未華子扮する桜子隊員は、青森から上京し、
何故か「地球防衛隊」に就職。但し、やる気なし(笑)
いやいや“出勤”するも、何か異変が起きないか、レーダー画面のチェックが主なお仕事。
変顔で同僚隊員をビビらせたり、居眠りをしたりと、単調な業務が続きます。
そこへザワール宇宙人登場。(あからさまにバルタン星人の劣化コピーなんですが・・・分身の術使うし)
危うし、首都。ある隊員はウルトラマンに、別の隊員は仮面ライダーに変身しようとするもの失敗。
桜子隊員は、隊長からミサイル発射のボタンを渡され、目を瞑ってボタンを押します。

見事命中。宇宙人は退治できました。
そこへ「またウルトラマンに助けられちゃいましたよ」と頭を掻きながら帰ってくる隊員達。
肉まんを貰ってきた隊員も。地球の平和は守られました。

ご褒美の肉まんをパクつく桜子。
そこへ隊長がやってきて、労をねぎらいます。
すると、あらたに怪獣出現の連絡がはいり、「よし、今日は残業だ」
「地球の平和を守るのが私達の仕事だ、桜子隊員」
自分達の職務にやりがいを見出した桜子隊員は、
それまでとは打って変わった引き締まった表情で

「はい」

地球防衛隊は今日も地球の平和のために日夜戦うのでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやあ、ユルイお話でした。
これがフツーのグラビアアイドルとかでも務まるような役なんですけれど、
そしたら、途中で寝てしまうかもしれない、シュールなお話。
中学卒業から高校入学までのあいだ、仲間が集まって、SF映画を作ったことがあります。
「妖星ゴラス」とかいう題名で、シナリオを書きました。
特撮?シーンのために、戦闘機のプラモデルを作ったり、地球防衛軍の本部を高校の化学室に
作ったりしました。はっきり言って特撮映画作りごっこですが、そんな感じのチープな画面が特長。
だって椅子なんか、区役所の待合室にあるようなパイプ椅子ですよ。
(さすがに折りたたみじゃないけど)

だけど、贔屓目じゃないですが、多部ちゃんが出てくる場面は、なんというか
引き締まって見えます。面白い。多部ちゃんひとりで、この退屈な低予算ショートフィルムを
引っ張っています。当然芝居やセリフ回しは今よりずっとたどたどしいですが、
のちに『山田太郎ものがたり』に始まり『デカワンコ』に至る、コメディタッチの演技の萌芽が
見て取れます。しかもやや遅れてスタートした映画出演は、シリアスというかピュアなイメージ。
両刀遣いですね(笑)
短い映像ですが、キック、変顔、中華まん、ラストでの凛とした表情、のちに多部ちゃんの
トレードマークになるアイテムがちゃんと登場するんです、貴重な資料ですね。

B・ディランの若き日のブートレック集めてる気分です(笑)
やはり、コレ見て「この子は凄い」と、見抜いた業界のヒトいるんでしょうねえ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

監督・脚本/山本淳一
制作総指揮/丹羽多聞アンドリウ
制作/古田亘

出演/多部未華子、森下能幸、川崎賢一、豊田記央、岡田裕司、松原正隆、冴未麻由こ


桜子隊員

戦闘力★★★★☆
守備力★★★★☆
推理力★★★☆☆
リーダーシィップ★☆☆☆☆
協調性★☆☆☆☆
ツンデレ度★★☆☆☆


to13001
明日の出勤へのカウントダウンをしている桜子隊員。
同居している姉のお尻に一発蹴りをいれる。
ヒデキ先輩の紹介だから断われない・・・

to13002
いやいや出勤。なんか地球防衛隊といっても何処かの区民センターみたいな建物。
同僚もへんな隊員ばっかり。13歳にして社会人の役w

to13003
レーダー画面とにらめっこしてみる。
となりの隊員をビビらせる。

to13004
「レーダーになにかごみが・・・」
「いやいや、桜子隊員、これはUFOだ!」

to13005
ミサイルは見事命中。
ご褒美に肉まん貰う桜子隊員。

to13006
それにしても防衛隊の制服とは思えないw
どこかのコスプレパブ「九の一」の衣装みたいだ。

to13011
「それが地球防衛隊の仕事だよ」
「はい」
それまでと違い生気のみなぎった表情で答える。
「救世主」の誕生。





【たべしゃ記念日】

私が、このこの「もりあ亭」を開いてからは、
初めての更新が最後のたべしゃになりました。
髪飾りが素敵ですね。

とても、わかりやすく素晴らしい文章でした。
自分ではじめたことは、自分でけりをつける。
・・・学業でも、ブログでも。
ということでしょうか。
つねに、正直でありたい、というのが行動理念のひとつであり、
中途半端をきらう多部さんらしいけじめのつけ方だと思います。

新しいステージでのご活躍を楽しみにしています。
私たちも、楽しんで自分らしく毎日を過ごしていきますね。


笑顔ある日々を、って多部ちゃんが言ったので
3月16日はたべしゃ記念日




多部未華子さん、卒業おめでとうございます!
(やっと言えたw)


lg130316





【Tabesha 281 最終回】
【河原春奈の見上げる視線】

学校の制服を脱いで、例えば私服に着替えて店番をしている時に、
幼馴染の男子を見る視線は、学校の時とは違って見えます。
かつて知ったる近所同志のシンパシーにあふれています。いわば普段着です。
昔から共有している思い出は、彼らの暗黙の了解事項であり、呪縛でもあります。
異性の幼馴染って、やっぱり微妙に甘酸っぱいものですね。
上の写真の春奈は、遠慮のない親和性をもって、攻撃的な視線を向けています。

haru200
ところが、ふとした瞬間に見せる寂しげな表情は、
この“相棒”が間もなくいなくなってしまうんだなあという寂寥感と
そのときから自分はどうすれば良いのかという不安感と、
子供の身ではどうしようもない、という諦念とが複雑に交じり合ったものになっています。
それでも投げかける口調は「ハーカ」と乱暴(笑)

やっぱり多部ちゃんにはツンデレが良く似合う(笑)

haru201
多部ちゃん、こうして見ると目が大きいですね。
というか、顔が小さいから余計にそう見えるのかもw


2013.03.18 『卒業』
【子供の頃に描いた絵】

昔、子供の時に描いた絵がどこかに隠してあって、
そういえば、ちょっとくたびれた今と違って、あの頃は輝いていたなあ、
どこに仕舞い込んだかなあ・・・って気になってしまい、
実家の物置のなかを大捜索。
そうだ、思い出した。確かお土産に貰った浪花屋の柿の種の空き缶に
仕舞ったんじゃないかなあ・・・タイムカプセルだとか言って。

果たして、表面がちょっとサビついた20センチ四方の缶からが出てきた。
はやる気持ちを抑えて密閉性の良い蓋を開けてみる。
何十年も前の空気がフワッと出てきたようだ。
中には、5個のビー玉、隠密剣士のメンコ、長嶋の野球カードと一緒に
4つに折られた画用紙が出てきた。
「これだ」声に出して、呟いていた。
小学生の頃に描いた一枚の絵。
自分でも天才じゃないかと思ったんだろう、大切に
宝物と一緒にタイムカプセルの中に封入した・・・
きっと、今と違って可能性という夢がいっぱいで
毎日が新鮮で輝いていたんだろうな。
ジェット機のパイロットになりたかった・・・
町のケーキ屋さんになりたかった・・・
動物と話ができる獣医さんになりたかった・・・
あの頃の自分はどんな夢を描いていたんだろう・・・

絵を開いてみた。
そこにはクレヨンで描かれた、
ハダカの男女の絵があった。

・・・・・・・


【卒業】

久しぶりに観た『卒業』は、初老のオトコには
なんとも情けないヤツに見えました。ベンジャミン・・・
親子○○○○から、若い方を結婚式場から掻っ攫って、
今で言うと、完全なストーカー、拉致略奪(笑)
昔観たときには、クライマックスシーンに喝采し、
「サウンド・オブ・サイレンス」に涙し、
ダスティン・ホフマンはある意味ヒーローだったけど、
(「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」っていう唄もあるくらい)

多分自分が年を取って、ロビンソンのお父さんの世代になったからでしょうね。
ゴルフから帰ってて手も洗わずに「バーボン?」と聞いて、グラスに手づかみで
氷を入れて、ベンジャミンに振舞う・・・よもや、目の前の大学卒業したての若造に
妻を寝取られ、娘の結婚式をぶち壊され、あまつさえその娘を略奪されるなんて・・・
かつては打倒すべきエスタブリッシュメントの象徴として描かれていたこの親父に
深く同情してしまいます。「ねえ、娘なんか持つもんじゃないですね、どうせ、
ろくでもないヤツに持ってかれちゃいますものね」

それでも卒業したばかりの若者を囲む、大人達の無理解、閉塞感、孤独感、
コミュニケイションの隔絶(しばしば現われる水槽、プールに潜水服、土砂降りの雨に象徴されます)
は、より明確に伝わってきます。グダグダふらふらしていた前半~中盤とうってかわって、
エレーンの純情が最も自分に必要だと気づいてから、赤いアルファロメオを駆って、
他の男とエレーンの結婚式場に目の色を変えて、向かっていくあたりからラストまでの疾走感。
無事に式場から逃げ出して、バスに乗り込んだ二人が、笑顔からだんだん真顔になり、
不安げに目を泳がすラストシーン。(M・ニコラス監督がワザとなかなか「カット」の声を出さなかった結果とか)二人を待ち受ける将来が決してハッピーなものでないことを暗示していますね。

ほぼ10年後に公開された『タクシー・ドライバー』とならび、
若者の狂気染みた孤独と攻撃性を描いた、傑作だと思います。

でも今改めて観る必要はないかなあ・・・
自分の中ですごく美化されてて、
「なんだ、ただのスケベな落書きだ」なんて
必要以上にがっかりするかもしれないです。

テストに出るから、題名と内容だけでも知っときましょう。
ってレベルの(名作)映画ですね。


卒業した人は、
おめでとうございます!


・・・・・・


『卒業』 (原題;The Graduate)

監督 マイク・ニコルズ
脚本 バック・ヘンリー、カルダー・ウィリンガム
原作 チャールズ・ウェッブ
製作 ローレンス・ターマン
出演者 ダスティン・ホフマン、アン・バンクロフト、キャサリン・ロス
音楽 ポール・サイモン、デイヴ・グルーシン

1967年、アメリカ映画
日本での公開は、1968年6月



卒業-オリジナル・サウンドトラック卒業-オリジナル・サウンドトラック
(2003/12/17)
サイモン&ガーファンクル

商品詳細を見る




【異性の幼馴染って、微妙・・・】

HARU002

 ・『理由』(2004年12月公開) 2003年10月~11月撮影
 ・『HINOKIO』(2005年7月公開) 2004年春休み撮影
 ・『青空のゆくえ』(2005年9月公開) 2004年夏休み撮影


が正しい情報とすれば、多部ちゃんにとって、3本目の映画出演になりますね。
主役じゃないし、『HINOKIO』やこの後に続く『ルート225』や『夜のピクニック』に比べると、
ちょっと地味な印象なんですが、これを書くために再度『青空のゆくえ』を見直しました。
そしたらビックリ。良い映画じゃないですか?最初に見たときには、爽やかな青春ストーリーだけど、
ちょっと綺麗ごとすぎるかなあと思っていました。それ以来、ご無沙汰していたんですが、いや2度目に
見たときには印象がガラリと変わりました。こりゃ、同監督の『夜のピクニック』以上じゃないかと
思うようになりましたが、とりあえず、映画について語るのは次回に回します。
今日は、この映画で多部未華子演じる河原春奈について、書きたいと思います。

物語は1人の男子中学生が、両親の仕事の関係で夏休み中に留学することから始まります。
で、5人の女の子と2人の男の子の淡い恋心と友情を描いています。

河原春奈は留学する男の子の幼馴染み。
産院で母親が隣同士だった頃からの家族ぐるみの付き合いで、半年前から彼の留学も知っていました。
それを周囲には秘密でした。多部ちゃんの役柄の要件である、「何かを胸に秘めている」というのは
ここで満たされるわけですね(笑)
いつも近くにいて、いるのが当たり前だった幼馴染みが、アメリカに行ってしまうことで、初めて
その男の子を意識するようになります。
ふだんはぶっきら棒に、ややゾンザイにも接しているのですが、ふとした瞬間に
“幼馴染み”をあらためて“異性”として意識したのかなと思わせる神妙な表情を浮かべます。
(はっきりとは意識していなさそう…)
まだ中学生ですから、頭ではわかっていても、まさか自分がそういう気持ちになるとは気づきませんから
自分でもそのモヤモヤした気分が何なのかはつかみきれないでいます。

【中学生の時に見上げた青空は、今よりずっと広くて青い】

そんな微妙な年代の、間柄の女の子の揺れ動きまくる心理を、レジからその男の子を見上げる表情や
視線のニュアンスとか2人並んで自転車を押し歩く後ろ姿とかで、多部未華子は見事に表現しています。
もちろん、彼女がここはこうしてやろうとか考えて演じているわ訳ではないのですが、
その佇まいはドキュメンタリーを見るかのように自然で、切なくて、微笑ましく見えてきます。
芝居の間や台詞まわしなどまだまだ拙い部分もありますが、それをひっくるめて、
『ルート225』の田中エリ子と並んで、“中学生”のキャラクターの双璧をなすんじゃないか、
と思うようになりました。
同じ思春期のハナシでも、高校生ぐらいの思い出は甘酸っぱい、より切ない感じですけれど、
中学生のそれは、キャンディのように甘く、微笑ましく、懐かしいものなんですね。
『夜のピクニック』も『青空のゆくえ』もラストは青空が写っていますが、
この作品の青空はアメリカにもどこにでも繋がっている、青い、真っ青な空でした。

HARU003
突然の転校=留学報告をした同級生をチラ見する春奈。
幼馴染の彼女は、半年前からこのことを知ってました。

HARU005
店番する春奈。多部未華子には読書がよく似合いますね。
読んでるのはマンガ『NANA』ですが・・・

HARU004
「まいど!いる? やっぱりここがイチバン遅れてる。
いちいち想い出に耽ってるから進まないんだよ」
(何故かセリフ、よく覚えてるw)
学校ではツンなのに、二人きりになると、ミョーな親近感をかもし出す・・・
共通の思い出とともに・・・
もう少し年が行くと、他人行儀になったり、古女房みたいなヘンな安心感が
出てくるんでしょうが、まあそういうお年頃なんでしょうね?

HARU001
タベワズライにも、いろんな症状があって、
微笑んでもらいたい派、叱ってもらいたい派、睨まれたい派、蹴られたい派、
妄想派、そっと見守りたい派、語りたい派、色々ある中に少なからず存在する・・・

ほっぺをプニプニしたい派

にとっては、至高の映像(笑)
多分そのあと、蹴られるでしょう。

HARY006
「出て行ったら、キミは帰ってこない。ゼッタイ帰ってこない」
いつもソバにいた幼馴染がもうすぐアメリカに行ってしまう・・・
はじめて味わう寂しさに戸惑う少女。
台詞まわしとか間とかまだまだな感じですが、その佇まいで、目のチカラで
揺れ動く女の子の気持ちを見る側にヒシヒシと伝えてきます。
こりゃあ、作り手がほっとかないでしょう。
それにしても、キレイな鎖骨だ・・・

HARU007
「あの子、友達いないんだ。面倒見てやってくれ」と紹介され、
仲良くなった鈴木貴子(どっかで聞いたような名前ですね)と商店街を歩く。
何か好きなシーンです。夢に出てきたような気もします。
それにしても、キョーレツなサカナ顔だ・・・(多部ちゃん、ゴメン)

HARU008
バスケ部が中心となったお別れ会で。
幼馴染はいってしまうけれど、新しい友達も出来たし・・・
表情にも柔らか味が出てきました。

HARU009
姉と3人で撮った記念写真を渡す春奈。
中には、姉貴が気を利かせて撮った二人のツーショットも。

HARU011
廊下を走ってはいけません(笑)
カドを直角にキュッと曲がる春奈。
邦画史上稀に盛る爽やかなラストシーンはここから始まります。
やっぱり、多部ちゃんは走らないと!

HARU010
屋上で仲良く写メを撮る女の子達。
男の子は「もてキャラ」というより、触媒の役割をしてて
実はこの女の子達(バスケ⇔委員長を除いて、それまで口もきいてなかった)が
仲良くなり、明日に向かって羽ばたこうとする(中学生だから、言葉も甘いス)
青春ストーリーの序章といったところなんですね、これは。

いやいや、スイート(笑)


【Way To the 青空のゆくえ】

メイキングは別売の「Way To The 青空のゆくえ」という作品に収められています
(『ピクニックの準備』と同じような手口)が、キャストのファンでなけれな買う必要ないです。
(あ、キャストのファンだ)

HARU012
鹿の使い番さんのプロフィールに、多部ちゃんの素敵な画像が貼られていて、
多部ちゃん歴1年未満の私には、「とっておきの場所」の次にこれがナゾだったのですが・・・
いや、どこに使われていたものか全然わかりませんでした。
が、河原春奈の写真だったのですね!胸のつかえが取れましたw

HARU013
この年の夏は猛暑。
花火のシーンの時は寒かったらしいですけど、
氷嚢頭に乗せた多部ちゃんがカワイイ(笑)
暑い中、お疲れ様。


河原春奈

戦闘力★☆☆☆☆
守備力★★★★☆
推理力★★★☆☆
リーダーシィップ★☆☆☆☆
協調性★★★☆☆
ツンデレ度★★★☆☆




『青空のゆくえ』については、次の機会にやります!


【ドラマショートフィルム道 68Films 】

『東京危機一髪』
TBS ; 3/22(金)2:55~3:30AM


やっと見れます!
やっぱり彼女には、救世主が似合います!(笑)


え、#9じゃないかって?
いえいえ、#8sw正解、単なる周回遅れです。

LH08004
希子ちゃんたら、ノアが好きなのね?

【スターティングノート、エンディングノート】

多恵はスターティンノートとは別にエンディングノートもつけていました。
死と向き合い、死を覚悟して腹を括ったがゆえに、生きる希望も絶やさず
ともし続けられたのではないでしょうか?

延命治療(最先端治療、ips細胞、再生手術を含む)と
尊厳死(安楽死、終末期医療、ホスピス等を含む)という相反する価値観。
ラストホープ・チームの中でも、この考え方は別れていますね。
医療の可能性と限界、この2つの考えは妥協することなく、患者の事前の意思に従って
個々に対応されていくべきものなのでしょう。答えは永遠にでません。
どちらが正しくて、どちらが間違っているとかいえません。
互いに牽制しあって、その均衡の中で、一つ一つの事案が決められることでしょう。
前回のカンファレンスで歩美先生が呟いたこのことが、教科書的な発想とは言え、
実際の現場において慎重に決定されるのがベストでしょうね。

患者の、事前の「リビング・ウィル」に基づいて・・・

我が家では、重篤な状態に陥った場合に、いかなる延命処置も望まない旨、
誓約書を取り交わしています。配偶者と義理の息子夫婦にコピーを渡して・・・
若い世代ならともかく、60歳近くになってはねえ・・・
未練は多部ちゃんの花嫁姿くらいでしょうか(自分、何者?)

【生きる覚悟、死ぬ覚悟】

《古牧先生のお言葉1》

「私は臨床医ではない。
だから、人という対象を分析した結果しか言えないが、まず君は、死ぬ覚悟を持ち合わせるべきだ。
そして同時に、坂崎 多恵のように絶対に生きるという覚悟も必要だ。
あのセンターには君の覚悟に付き合ってくれる臨床医がいるはずだ。
怖いと言って立ち止まる必要はない。
一緒に付き合ってくれる臨床医と立ち向かえばいい。
君はひとりじゃないはずだ」


【臓器を受け継ぐ者、遺志を受け継ぐ者】

多恵は、臓器提供意思カードを持っていました。
心臓以外には丸が付けられて・・・
脳死判定を受け、多恵の身体は移植コーディネーターへとバトンタッチ。
しかし、最大6つの臓器は、適合する他の患者に移植され、治療に役立ちます。
そして、「死ぬ覚悟」「生きる覚悟」を決めた二人の女性の心に
やりたいことが一杯あって、夢を実現しようと生きてきた多恵の遺志は引継がれ、
杏子は手術を受けることを、万奈美はデザイン事務所を続けていくことを
決心しました。まさに身も心も、他の人たちに受け継がれていったのですね。

LH0802

【ヒーローはなぜカッコイイと思う?】

《古牧先生のお言葉2》

「周りに流されずに、自分が 正しいと思うことを貫いているからだ。
正解は常に、聡史の心の中にある」

今週は古牧ドクターの名言が多かったですね。
最後の子供服を見ながらの、背筋がぞっとするような笑みは難なのでしょう。
ふだんは偏屈で冷静な研究者なのに・・・
本当にマッド・サイエンティストなんでしょうか?

LH08003
ていうか、多部ちゃん丸くなってね?

【2013年秋って】


だったら多恵や杏子を治療している「今」はいつよ?

今でしょ
(ドヤ顔)

過去?話は、ちょっとややこしくなってます。
全11話として、あと3回。
大丈夫ですか?新しい患者さん診ている時間ないんじゃないんでしょうか?

LH08001
この春はロペでも、ロングのトレンチがおすすめ。
4色揃っています。
(アナタ、何者(汗))


【多部ちゃんへのはなむけ?】

このドラマを見ていると、春海四方・梅沢昌代・ 佐藤江梨子から始まって
小市慢太郎・ 吹越満、以下略と過去の共演者がたくさん出てきますね。
来週は石田卓也に要潤 ・・・・これワザとでしょ?(笑)

なんでしょう、このワザワザ感

多部ちゃんへのプレゼントかなんかですか?卒業祝い?
(卒業できるのか?)
この分だと、最終回の患者は感覚フィードバック機能がスパークして重体となった
本郷奏多



【怒涛の番宣!】

爆笑!大日本アカン警察
2013年3月10日 19:58~20:54

相葉雅紀・多部未華子ドラマ現場潜入捜査


【フジテレビ公式HPへ】


【ナポリタン丼】

ak130310b
「そんなイメージ・・・ありますね」(あるんかい)
トーンも変えずにシラッと言ってますね。
吉本譲り?

aka130310c
そばメシって食べたことある? ある。(すっかりタメ口)

ak130310d
あまりのビジュアルに引く多部ちゃん。
すっかり、デカワンコ状態(笑)

ak130310a
“ナポリ丼”にクールな対応の多部ちゃん。
このあと、おきて破り?の「さあ、お食べ」が炸裂。
相葉クン、「一番言っちゃあいけないこと、言っちゃったア」とひとりでツッコミ。
多部ちゃんはもう食べるほうに集中?
美味しかったらしい。
食べる前の渋い顔から「美味しい」の笑顔の変化。
さすが女優さんですね。ツボを心得てる(爆)


【アカン飯】
多部ちゃんのヤツは去年『ライアーゲーム』の番宣でやりましたよね。
納豆乗せのポテチ。
あの頃の「寒さ」から観ると、最近のバラエティにおける多部ちゃんの輝きは一体なんでしょう?
仕事にプライベートに充実しているからでしょうか?

リア充?


【我が家のアカン飯】

考えてみたら、あまりありません。
ナポリタンおかずにご飯食べるのフツーにやってました。
さすがにドンブリは多いですけど・・・
お弁当についてくる一口ナポリタンとか美味しいですよね。
ライスに2バンさせて(笑)
後はせいぜい、かつお節かきざみ海苔をかけての醤油かけごはんが、
白いライスにソースかけて食べるくらい。(フツーですよね)
あとマヨネーズ和えた春雨サラダが大好物なんですが、
マヨネーズ多めに混ぜたヤツをあったかいゴハンに乗せて食べるのも乙です。
(ただのマヨネーズごはん?)
いいえ、私はマヨラーではありません(笑)

相葉クンの「ナポリタンをご飯の上で2バン」ていうのは傑作。
いい人ですねえ(笑)


【30年ぶりのサーカス】

ツレが実家の母親から、木下大サーカスの無料入場券を貰ったので、行ってきました。
ただこれは横浜市が高齢者や学校関係にバンバンばら撒いているヤツだったので、
実際には早くから並んで順番にあふれたら800円の入場料を追加しなくてはならない、
という代物。せっかくだから入場券と指定席券を前売りで買って行くことにしました。

ツレは最初「サーカス?」とあまり乗り気ではなかったのですが、
エンターテイメントとして確立したものは、サーカスでも浪曲でも歌舞伎でも
楽しいものだよ、と機嫌をUPさせて、券をくれた義母と3人で見に行きました。
場所はみなとみらい21の桜木町駅から歩いてすぐのところ、かつて日本丸が繋留されて
いたドックの近くでした。行ったら平日昼近くとは言え物凄い人だかり。

組体操や綱渡り、像や白ライオンのショー(本物の猛獣使いを目の前に見てきました)
出し物の合間合間をつなぐピエロの芸、そしてサーカスの花空中ブランコ。
やはり高低差のある出し物に、よく歓声があがりました。
気がつくと、ツレがいちばんはしゃいでました。
「楽しいねえ、楽しいねえ・・・」
「ブランコの若い子、クボタくんて言うの、ちょっとジャニーズ系!」
・・・・
すいません、イケメン好きなもので・・・

KINO130305C
サーカスの仮説テント。
この手前に数年前まで日本丸が繋留されていました。

KINO130305B
シマウマ、キリン、象、ライオンはいましたが、
トラはいませんでしたねえ・・・

KINO130305D
開演中は、撮影・録画は禁止。
ショー開始前に空中ブランコのセットを携帯でぱちり。

帰りにいつものイタリアレストランで、生牡蠣とパスタランチ。
義母にご馳走になりました。

KINO130305A
これは30年くらい前に、行ったサーカスの様子。
誰と行ったのか、どこへ行ったのか覚えていません。(後楽園かな?)
当時はおおらかでしたので、空中ブランコの瞬間を撮影。
家に飾ってある写真ですが、思い出して、スキャナーで取り込みました。

サーカスは、はなやかでも、どこかアングラっぽくていいですね。
まがまがしいところが何ともいえません。


【ラストホープ】

第7話の“担当”は荻原ギャンブル嬢でした。
正直言うと、今までデ一番しっくりしてました(笑)
そういえば、あだ名で他の先生を呼ばなくなりましたね(「町医者」以外)
カンファレンスの時のコントみたいなやり取りとか、
町医者の変なリフレッシュ体操、おやつ食べるとこ、笑顔で吐く毒。
古牧対時田の“ヘマやって長講釈垂れられる”コント、

まあ、本筋と過去因縁話で手一杯ですよね(ひろげすぎ)
今月、最終話までにきれいにはまとまらない方に、はらたいらの3000点。
視聴率しだいではSP、映画化、スピンオフも視野に入れていたのでしょうか?
『ライアーゲーム』のフジだから・・・w

LH7001
『GM』のときもそうでしたけど、大仰な芝居やらされて損してます。
クールなのに、実はギャンブル狂、という設定の方がギャップあって良いと思うのですが・・・

【シフォンケーキ】

15年前、網膜症手術後、御茶ノ水のN大付属病院に通院してた頃、診察の帰りに駅前の
喫茶店でシフォンケーキを食べるのが日課でした。生クリームを添えて・・・
学生時代に過ごした街でしたが、その学校も移転し、行きつけのカレー屋も代変わりして
もう居心地が悪くなってました。ドラマに出てきて、つい思い出しました。

LH7005
今回のMVPは谷村美月。
度重なる病魔に、夢砕かれる若い女性を好演。
多恵さんと絡めるのは悪くないけど、軟化するのが早すぎましたかね?
もう少し、ツンを続けても良かったかも・・・
多部ちゃんと絡むシーンは撮られるのでしょうか?

【BJ対キリコの古くて新しい命題】

LH702

このドラマには、最先端治療、安楽死、神の領域、ips細胞、移植手術・・・
と様々な生命と医療の可能性と限界が描かれようとしています。
それだけでも十分見ごたえのある作品が出来るキャスト&スタッフですよね、本来。
まあ、過去の話がどう絡み合うか楽しみに見ている視聴者もいらっしゃるので、
これ以上は言いませんが・・・ 個人の趣味の問題ですねw

ただ町医者&歩美対副島&高木の意見の対立は、どちらが正しいとかそういう問題じゃなく、
医療の現場にいる者として直面する課題ですね。どちらのほうに偏るとしても
歯止めが利かなくて極端に走る危険性があると思います。
それこそ歩美先生が言うように「患者の立場に立って、その都度最良の方法を考えていく」
(教科書的と副島に揶揄されましたが)それしか道はないように思えます。

LH7004
え、主人公の写っている画像はなくて、多部ちゃんのばっかりだって?
そ、それにはワケが・・・
【「2013年 秋」っていつよ(笑)】

LH7003
なんと近未来登場(笑)
おそらく、最終話でラストホープチームは解散。
散り散りになったメンバーをがもう一度招集するために、誰かが後を追う。
ふたたび集まった医師たちが救うのは、
鳴瀬元センター長・・・

その一部始終はSPで(爆)


・・・で、あの雑誌記者さんは今どこに?



【料理の鉄人】

多部ちゃんがゲスト審査員として出演する『アイアンシェフ』を観ました。
その雛形となる『料理の鉄人』はよく見てたものですが、この番組はほとんど見たことはありません。
多部ちゃんが出るから、見た。それだけですね。
IS13002

この回の見所はなんといっても、(カクテルとはいえ)お酒を飲んだ多部ちゃんを見られたことですね。
顔を赤くして、ぱっと花が咲いたように華やかになって、楽しそうでした。
多部ちゃんが楽しそうで何よりです。
オンナのコっていいなあ・・・(笑)

IS13005
この日も料理番組のため、ネイルはなしでしたが、
メイクはバッチリ。アイラインもしっかり。大人っぽい多部ちゃんを演出。

IS13004
でへへへ・・・大好物のイチゴとカクテル。
楽しい仕事ですねw
IS13001
アツいアツい・・・

【リアクション】

私はリアクション芸人というジャンルが嫌いです。
度が過ぎるとなんでもウソくさく見えちゃうんですよね。
特にイヤなのが、グルメレポーターみたいな芸人のリアクション。
一口食べて、ちょっと間を空けてから「うまっ」
誰もこんなパターン。
面白かった『ケンミンショー』も最近は、この類のリアクション合戦が鼻に付き見なくなりました。

そこへ行くと、この日の多部ちゃんの反応は新鮮でした。
何か気の利いたコメントを言わない代わりに、笑う、笑う。
まあ。笑っちゃうほど美味しい、と言うことでしょうね。
とくにこの日は大好きなイチゴ。とちおとめ(茨城県産)18kg、初恋の香り(静岡県産)8kg、
ももいちご(徳島県産)10kgが用意されたそうです。(Wikipadia より)
何も言わずにガッツポーズってのもありました。
表情の豊かなバリエーションを楽しみましょう。

1S13014
おなじみのチューリップ・スマイル。
この日はしっかりメイクをしているので、寸止めでほっぺには触れませんでした(笑)
IS13011
これこれ、多部ちゃん。
肘をついてはお行儀悪いですよ(笑)
IS13009
なんかどう見ても・・・
IS13008
どう見ても多部ちゃん・・・
IS13007
酔いが回ってます。スパーク寸前・・・?
IS13006
「美味しい」という代わりにガッツポーズ。
なんか二の腕が、魅惑的ですw

【辛口娘】

何といっても、この日の最大の驚きは最後の採点でしょう。
『料理の鉄人』では、その勝敗の根拠とかそういうコメントもあったのですが、
『アイアンシェフ』は採点結果だけチラッと。
まあこの番組も3月で終了するらしいですから、もうどうでもいいですけどw
多部ちゃんの採点のシビアなこと、シビアなこと(笑)

「えーー?だってあんなに喜んでたじゃん?」

「それはそれ。私は“いちご大福”がいちばん好きって言った筈よ!
これが私の正直な採点。どんな料理でも満点の料理なんかあるわけないじゃん?」

そんな感じですか?多部ちゃん。

海原雄山みたいに、さくっと皿にイチゴを盛っただけの一品を出したら、
イチゴそのものの美味しさを味わえたら満点だったかもですね(笑)

ちなみに採点基準は、Wiki によると、以下のとおり。
勝敗の基準を「食材の魅力を引き出した方が勝ち」として、「食材を生かしたおいしさ」が10点満点、
「デザイン」が5点満点、「独自性」が5点満点で、それぞれ0.5点単位で得点を付け、計20点満点で評価する。
合計点が両者同点とする審査も許されている。そのときは点数のみ有効で、両者票なしとなる。

まあ、真面目に採点したんでしょうねw

IS13012
カクテル飲んで、ハーブティ飲んで・・・
「眠たくなっちゃった・・・」(大笑)


キャベツはただの野菜ですが、塩をふったらサラダ(料理)になります




【キウイフルーフ】

「毛が生えてる。大人だね」

とんねるずの木梨がボソッといった“下ネタ”に思わず、多部ちゃんウケてしまいました。
これには当のトンネルズも驚きましたね(笑)
多部ちゃん的には、この手の“下ネタ”は微妙にスルー[例)『農業少女』]が鉄則なんですけど、
多部防御シールドの90%をタカさんに費やして、完全に牽制していたため、
その隙間をぬって木梨が ごっつあんゴールを決めた格好になりました。
つまり、不意を突かれて思わず笑っちゃったってことですね。

まあ、24歳の女性なんですから、多少はいいんじゃないですかね?
自然にね(笑)関西お笑い好きなんだから、ホントはオールオッケーだと思うんですけどw

今期のバラエティはどれも見所満載で面白いですね。
いろんな表情を見られて、こんな至福な時間はそいうありません。
こんなにいっぱい多部ちゃんを見られるのも今月一杯・・・
多部ちゃんからのプレゼントだと思って、大事に過ごすことにします。

kwz130305a
消去法で、皿うどんに・・・



【行けるっしょまだ】

何年ぶりかでこの番組を見ました。
ベッカム対宇多田ヒカル以来かな?
とんねるず自体ゴブサタ・・・

KWZ130228B

ADのグダグダなキューで始まり。
多部ちゃんも緊張してるけど、ADも緊張・・・
ガンバポーズで、ADを励ます多部ちゃんがカワイイですね。
それにしても、石橋とのこの身長差!“お父さんと女の子”サイズですね(笑)
萌え~♪ですねえ・・・
石橋対策?からか、最近のバラエティ出演時に醸しだしていた女っぷりは封印。
番組中も言われてたけど、まさに『デカワンコ』的なカワイラシサでした。
メイクもナチュラルでネイルもしてなかったですね(一応食べる番組だからか?)
最近、手土産合戦はやらないんですかね?

KWZ130228C

「行けるっしょまだ」は想定内。(みなさんもそうでしょ?)
もっとはっちゃけたお酒なことは多分間違いないでしょうが、そこは秘密・・・
「好きなタイプは?」の問いに、
「変わったヒトが好きですね」これもデフォルト。
「お酒の席でも、隅っこに座っててたまに話に加わる」
スマホいじってるんじゃなくて、ニコニコしてみんなの話を聞いてる感じですかねえ・・・
イメージ的には、映画『はちみつとクローバー』で(自宅でゆる~い飲み会を開く))
堺雅人演じる花本先生でしょうか?私はそれを思い出しました。
でもこの理想像がデフォルトとして威力を発揮するのは、大抵の人に当てはまること。
煙幕をはりつつ、ひょっとして自分にも可能性が・・・と思わせちゃうところが上手いですね(笑)

「好きってよくわからない…」の後「ときめくってこと?」

これは理屈っぽくてメンドクサイw多部ちゃん降臨ですね。
『大奥』のときも「本音って何ですか?」ってやってましたものね。
いや、このときの石橋。多部ちゃんの“作戦”にはまって、完全に
保護者モードになっているから、私の知ってるとんねるずの石橋じゃなかった(笑)
だって自分の娘と同年代の女の子ですよ?
ツッコミも優しいわぁ・・・
最近丸くなったんですかねえ?

KWZ130228D

ていうか、「キウイフルーフ」には誰も突っ込まないの?
突っ込んじゃいけないの?
あれ、最後は「ツ」の点々がつながったんでしょうか?
それとも、ひらがなで「つ」って書いちゃったんでしょうか?
字、きれいですね(笑)
サイン、微妙に違いますね?
「未華子」って真ん中に縦にあって、右側に花びらでしょ?正式には・・・

KWZ130228A
石橋の内輪ネタを無視して、一人でせっせと納豆を練る多部ちゃん。
もちろん、いつもの「無視力」を発揮したのでしょうけど、ちゃんと笑いになってる。
石橋クンも嬉しそうでしょ?オイシイもの(笑)
内輪ネタはつまらないけど(まだやってたの?)

KWZ130228G



【サジマこかない・・・】

そんな石橋が「おもしろい」って褒められました(笑)
なんかクラスのガキ大将がクラス委員の女の子に「おもしろい」って
言われたときみたいに石橋、照れましたね(笑)

多部ちゃん、よんねるずって本当はおもしろかったのよw

まさかカビの生えたような業界用語ネタで笑い取れるとは思わなかったろうに(笑)
しかし、多部ちゃんが大きなサングラスして
「ジャーマネ、サジマこかない?」なんていうのも面白そうですけどw

KWZ130228X

多部ちゃんのナス嫌いは有名。(WIKI にも1/25にもTVでも・・・)
かぼちゃも苦手なはずだけど、このときは“煮付け”でしたからねえ・・・
たしか、ほくほくした感じが苦手だった気がしますが、煮付は食べられるようになったのかも。
ナスとかぼちゃの時、食べ方が変でした。話題変えるし・・・
多部ちゃんピンチ!のはずが、相葉クンの驚異的な記憶力のおかげで、なんとか引き分けに・・・
(嵐の番組でやったでしょ?麻婆ナス作ったでしょ?)

かくして、多武ちゃんは全国のアラシックの応援?を得て、無事に引き分け。
なんかバラエティでもいけますね、多部さん?
ツイッターの検索ワードに今日もまだ「多武未華子」って乗ってますよ(笑)

【大好きです!】

しかし、実食のあと、好物だったら「大好きです!」ていうの、
ウソでもいいから、対面に座って面と向かって浴びせられたいもんですねえ・・・

とにかく色んな表情が見れた番組でした。
(おそるべし・・・フジTV)

KWZ13228Y
最近、バラエティにも良さを発揮している多部ちゃん(笑)