【新たな生命のもたらす力】

往年の「ホームドラマ」に愛を込めた、にしては
個人的にはやや残念な仕上がりの『東京バンドワゴン』もこれで最終回。
昭和の「ホームドラマ」って、今からほのぼの思うほど呑気な代物じゃありませんでした。
森繁のおじいさんは恐ろしく頑固なくせに、最後に全部良いところを持ってっちゃうし、
西城秀樹は本気で投げ飛ばされて怪我しちゃうし、
プッシュされるはずの新人女優(お手伝い役)は突き飛ばされた
ハプニングで胸ポロリしちゃうし、
石立鉄男は血管キレそうに熱演していたし、
そういう、ホームドラマに内在していた尖った部分は影を潜めちゃいました。
みんな妙に物分かり良いし、
不倫相手の異母兄弟とは、5分で和解しちゃうし、
姉の仇を取ろうとした沸々知とした情念は、へんてこな演奏で
なんとなく消化されちゃうし、
結局、「ラブだねえ」という言葉によって、オール・オッケーになっちゃって、
まるでバカボンのパパの「これでいいのだ」みたいな最終兵器になってしまったようです。

『デカワンコ』にあった『太陽にほえろ』へのリスペクト感には
及ばなかったということですね。

俳優陣はみんな良かった、と思います。
このドラマが」良かった、という方も大勢いらっしゃいます。
心配された我南人役も終わってみれば適役だったかも。

ただ一つだけ(本当はもっと言いたいけれど)

第1話は画面が暗すぎ(笑)
(『Woman』じゃないんだからw)

DVDを買うかどうかは、特典映像次第ですね。

咽頭ガンに罹った我南人は、最期まで歌っていたいと
治療を拒否していましたが、亜美とすずみの「ダブルおめでた」を
目の当たりにして、ガンの治療を受ける決意をした、と。

警察の手入れのエピソードは蛇足感満載でしたが、
すずみが堀田家の一員としてもう立派に溶け込んでいる姿が
見られました。我南人に「治療を受けてください」と
一人真摯に迫るすずみも見ごたえがありました。

多部ファンとしては、このドラマでは安全運転、
むしろ等身大のフツーの女の子を演じたことが新鮮でしたね。
でも、どの演技もこれまでの資質と貯金でまかなえる範囲。
周囲に合わせて「抑えた演技」に徹していました。
(多少の利子程度の新しい面も見せてくれましたが・・・)

いつかまた、メーターをレッドゾーンに振り切った彼女の演技に
遭遇したいものです。


DSC_0450_c.jpg
2013年、お疲れ様でした。
新しい年も是非チャレンジングでマイペースな女優業をお願いしますよ。
DSC_0444_c.jpg
安定の泣き顔。懐かしいですね。
DSC_0445_c.jpg
この女優は、姿勢が良い印象が強いので、
こう、前かがみに、アット・ホームな雰囲気を醸し出すのは珍しいです。
DSC_0446_c.jpg
横顔は凛とした彫りの深さをと美しいEラインを形成しているのに、
正面からのアングルでは、丸くて親しみやすい童顔。
まさに奇跡的なバランスで成り立ってますね。
DSC_0448_c.jpg
流行は、「アヒル口」から「カッパ口」へ
どんな表情にも対応できますね(笑)
DSC_0456_c.jpg
『東京バンドワゴン』3大女優の揃い踏み。
それぞれに輝いていますね。
最近、CMでミムラをよく見かけます。
DSC_0452_c.jpg
前述のように、姿勢の良さが印象的ですが、この回は珍しく
女性的な曲線を意識して描いていますね(早速歌舞伎の影響?)
対軸を横に「S字」に曲げながら、ひねりも加えていますね。
とってもひなたのにおいのする縁側のシーンです。
DSC_0454_c.jpg
落ち着いた、慈愛をこめた表情。
DSC_0455_c.jpg
「あらやだ」と目を剥いた表情。
堺サンの言うとおり、「わかりやすい演技」です。
中途半端なところがありません。
DSC_0457_c.jpg
多部未華子の顔を「可愛く」見えるような演技をした表情、
素の彼女はもう少しクールでシャープな感じ?
DSC_0459_c.jpg
「バンドワゴン」を継ごうと古本屋として再出発した青。
女性客にやさしく接する青を見て、すずみの顔に嫉妬の嵐が・・・
それをテニスのラリーを見るかのように面白そうに視線を動かす亜美。
久々のツインテールも嬉しいですね。
DSC_0458_c.jpg
帰ってきた?我南人を迎えるすずみ。
サイドのヘアのボリュームが抑えられ、
結婚前のすずみより、シャープな印象です。
その腕には、新たに堀田家に加わった小さな生命が・・・
母親らしい優しい笑顔ですが、どっこい、
10代のときの多部ちゃんそのまんまの表情ですね。
子供は似てない・・・

2013年終わってみれば、ベストパフォーマンスは『魔法のボタン』、
それとメレンゲの食べ歩き。

それではみなさん、よいお年を!







【恵の朗読】

テーマ曲をバックに、恵の手紙の朗読と
恵の働く様を描いたイメージカットが流れる。


DSC_0071_cB


//////////////////////////////

(朗読)
三重のおじいちゃん、お元気ですか。
結婚式以来、ご無沙汰しています。
バタバタしていましたが、新居も決まり
ようやく落ち着いて暮らせるようになりました。
新しいマンションは、昭治さんの実家の近くなんですよ。
結婚する以前に、私が働いていた病院からはちょっと遠いので、
勤めは変えることにしました。
ことぶき苑という福祉施設です。
家がなかったり、仕事がなかったりする人達の
社会復帰と自立した生活を支援する施設です。
当初思っていた職場とは違いますが、
通勤は自転車で行けるし、夜勤もないので
新婚の私にとっては良い条件です。
ちょっと変わった人が多いですけど、治療を受けてますから
大丈夫です。また三重に遊びに行きますね。
季節の変わり目、お体に気をつけてお過ごしください。

平田 恵

////////////////////////////////

(イメージカット)
【自宅から自転車に乗って通勤する】
【朝礼で挨拶する】
【血圧を測る】
入居者の血圧測定をする恵。
何十人という行列が出来ている。
【薬を整理する】
【階段を駆け下りる恵】
踊り場でくるりと1回転する
・・・


「1週間後」


【ナースステーション】

出演者
平田 恵
渋川 愛(看護師)・・・片桐はいじ みたいな人
佐倉麻里(看護師)・・・桜庭ななみ みたいな人


渋川「それでは、本日の申し送り始めます。
   まずは田所さん、昨夜発熱があったので、バイタル次第では受診お願いします。
   橋本さんは高橋医院より薬の追加があったので、薬情を確認して、間違えない様に・・・
   後は特に変わりありません。」
佐倉「毛利さん、田辺さんは本日精神の受診があります。
   角田さんは歯科医に・・・」
渋川「歯科?」
佐倉「入れ歯が合わないから、直して欲しいとか」
平田「午前中は安西さんのリハビリがあるので、付き添います。
   午後からは入居者全員の薬のチェックです。」
渋川「何人分?」
平田「46人です。」
渋川「よろしくね。ウチは100人集めないとペイできませんから・・・
  大変でしょうけど、まだまだこれからよ。
  佐倉さん、受診から帰ってきたら手伝ってください。
  それでは、今日も頑張りましょう。」
  

【リハビリ室】

出演者
平田 恵
十河 亘(作業療法士、介護士)・・・光石研 みたいな人
安西 翔太(入居者)・・・高良健吾とか窪田正孝 みたいな人


歩行訓練をする安西。
それを見守る恵と十河。


十河「どう?もう仕事には慣れた?」
 恵「いえいえ、まだ誰が誰やら、何処が何処やらで・・・
  安西さんはここの入居者としては若いですよね?」
十河「そうだね、ここでは一番若いかな。
  今後の支援方針にも関わるから言うけど、
  彼はどっかのヤクザの、組長の運転手だったらしい。
  ある日、組長を迎えにクルマを運転してったら、
  ミラーかどっかをぶつけちまった。
  びびった彼はそのまま、クルマを置き去りに逃げ出して、
  その足で近くのビルの屋上から飛び降りちまった。
  7階建てのね。
  奇跡的に一命は取り留めたんだが、
  彼の記憶は消えて、後遺症も残った。
  今では10歳児の知能しかない。」
 恵「そのヤクザは?」
十河「屋上からダイブして、病院の集中治療室へ直行。
  退院してそのままここに連れてこられたので、
  手も足も出ないさ。
  我々としては出来るだけ機能を回復させて、
  職業訓練をして、
  自分で生きていけるようにするしかないね。」
 恵「人間のカラダって案外丈夫なんですね」
十河「・・・・」
  「安西さん、今度は反対周りに回ってみようか?
  バーにしっかりつかまってね」

どこかでパタンパタンとボールの跳ねる音がする。
真剣な安西の表情。


011l.jpg
ふーん、結婚してるんだあ?
って、恵ちゃんて誰が演るの?



【受験生の味方】

○多部未華子直筆絵馬プレゼント
○ターン王子おみくじ
○スペシャル壁紙など


受験生のみんなを応援する明るいサイトがオープン!
直筆絵馬は総勢15名かあ・・・
このさい、本当の受験生にチャンスは譲りましょう(本当、ってナニよ?)

ああ、「受験」じゃないけど「定年」
12月に入ってからずっと腰が痛い(笑)
応援して欲しいなあ・・・

HPTJK131218A.png
みんなでハッピーターン食べて、おーいお茶の玄米茶飲んで、
キャンディクラッシで遊びましょう!(画面ベトベトになる?)

HPTJK131218B_c.png
ご利益ありそな、直筆の絵馬。
スクリーンショットで我慢しよう・・・

HPTJK131218C.png
スマホやPCにダウンロードできる壁紙。
ちょっと笑顔がまぶしい・・・
ロペの写真くらいがいいなあw



【「合格するぞ!ハッピーターン」公式サイト】


【M子ちゃんのこと】

私が中学生の時、幼稚園の頃から仲良くしていた幼馴染の女の子が
(当時は死に至る病とされていた)白血病で亡くなりました。
そのときの記憶があるためか、例え映画やドラマであっても
「難病もの」は苦手です。

『世界の中心で・・・』とか『1リットルの・・・』とか映画館にも
見に行きませんし、TVで放送されてもNHKのニュースとか見ますし、
作品の題名すらフルネームで書けないくらいです、

父子ものは、間違って見てしまって大変なことになったりしますが、
「難病」を扱った作品は、私の内臓センサーが働き、
未然に回避することが出来ます(ヘンな自慢)

たとえ、多部ちゃんが出ようと、つらそうなので今回はパスしようかと
思っていましたが、番組の公式サイトを覗いてみると、
早くも視聴者からの声が反映されていました。

投稿された方の中には、現在ご本人や家族、知り合いの方が難病に罹り
苦労されている人が多かったです。そういう人がこの作品をきっかけに
「病気のことを知ってほしい」「生きる励みにしたい」という声がありました。

そうですね。どうかひとつ、単なる「お涙頂戴」のストーリーではなく、
闘病のなかにも「生きる大切さ」を失わないような。前向きな生き方を描いて欲しいです。
病気に苦しむ人が見ても納得できるような・・・

演出は『ラストホープ』を手がけた葉山浩樹さんです(一抹の不安)
『医療』『薔薇にない花屋』『コード・ブルー』『任侠ヘルパー』なども
演出してますね。医療ドラマ系はお得意のようです。

さて、どんな作品になるのやら・・・
(結局、,見るんじゃん)


【前向きに行こう】


kmtd131217_c.jpg
春馬&多部、というのはある意味もうブランド
(トム&ジェリー、サイモン&ガーファンクル、ローンレンジャー&トントみたいな)
無駄遣いはしてほしくないなあ・・・
「おーいお茶」CMはいい感じです。


CM
【ガンバレ、川口春奈】

通勤帰りの磯子駅に、このポスターが派貼ってあります。
昨年は、本田翼でした(相当話題になったらしいです)

川口春奈だってわかったのは、先日TVでもCM放送してたから。
川島海荷とかこの川口春奈世代はキビシイですね。
二階堂ふみを筆頭に、能年ら「あまちゃん」一派、黒木華、本田翼、
門脇麦、土屋太鳳(この子の役柄は昔の多部ちゃんぽい)と好敵手が
わんさかわんさ(古っ)

さて、その川口春奈ですが、
最近何かと話題になってますね。
縁も所縁もない私ですが、最近学んだことは、

数字は気にするな
目の前のやるべきことを一所懸命やろう
わが道を行け


ここ2、3年、ある女優さんを見てて
教わったことです。ご参考までに。

DSC_0439_c.jpg
以前と雰囲気変わった?
ちょっと綾瀬はるかっぽい?
あ、「はるか」つながり(笑)



【いよいよ今夜最終回】

『東京バンドワゴン』も今日14日が最終回。
おっとその前に、第9話の話が残ってました。

第9話は、①真奈美とコウの恋物語
②奈美子(と両親)と羊男
③最終回への含みとして、我南人の』病気バナシ
の3つが同時進行で描かれていました。

山崎一、『農業少女』以来の共演ですね。

羊男もビジュアル的にインパクトありましたが、あまり
活躍はありませんでした(ちなみに私もヒツジ男もうすぐ還暦)

先日、最終回の予告編みたいなスポットを放送してて
たまたま、カミさんとふたちで目にしたんですけど、
(彼女は第1話の冒頭15分で脱落)
「あら、これ『父子もの』だったの?」と言われました。

そういえばそうなんだけど・・・
たしかに父子物には滅法弱い私としては
最初から父子物と分かっていたら最初から見ない位なんだけど(笑)
だから『とんび』は避けてました。
でも見たくなって見てしまったら、タイトルバックで
2羽のとんびが仲良く?飛ぶところで涙腺決壊。
タオルを顔にかぶってました。(カミさん、大笑い)

でも、『東京バンドワゴン』はそんな感じしないんですよね。

なんか団体競技っていう感じ。

熟年同士のワケあり恋愛も、子供ネタも、
病気ネタも、私の関心はあまり起きないんで、
やっぱり、多部ちゃんの表情を追っかけるカタロウ的番組でした。

(ああ、どうしよう、新ドラマ・・・)


□   □   □   □


DSC_0423_c.jpg
「えーと、はさみはどこに仕舞ったっけかなあ?」じゃあないけど、
ちょっと不安げな面持ち。

DSC_0424_c.jpg
「ほおら、やっぱりここに仕舞ったでしょ?」とちょっとドヤ顔。(違うってば)
こうすると小林聡美にやっぱり似てますねえw

DSC_0426_c.jpg
「え!」ってな感じ。
金子ノブアキとの珍しいツーショット。
こうして見ると、このP組み合わせもいい感じ。

DSC_0428_c.jpg
安定の多部ちゃんスマイル(冬バージョン)

DSC_0429_c.jpg
照れちゃって、青にひじ鉄砲食らわせたり、ハタキで叩いちゃったり、
久々に多部ちゃんのコミカルな動きを見れました。
ただ、ひじの動きが早すぎて写真に映ってない!

DSC_0430_c.jpg
「・・・ということは」っていう感じで相手を見つめる。
『ジウ』とかに使ってそうな表情ですね。

DSC_0431_c.jpg
多部ちゃん版「じぇじぇじぇ!」
『つばさ』とか『デカワンコ』で御馴染みのビックリ顔(シリアスでないパターン)

DSC_0432_c.jpg
なんかおすまし顔。

DSC_0433_c.jpg
前の写真から、すぐにこの顔。
今にも泣き出しそうになるのを懸命に堪えてる感じ。

DSC_0438_c.jpg
羊男・・・ビジュアル的にインパクト大きいのに、
あんまり活躍してなくてちょっと勿体無かったですね。
ちょっと唐突過ぎましたかねえ(キライじゃないw)

DSC_0436_c.jpg
我南人の告白を聞いて、誰よりも先に涙するすずみ。
もう完全に下町大家族の一員になったんですねえ・・・


□   □   □


今回は山崎一(山本ヤマモト)、以前の回では父親役で升毅(ボス)とか
『浪花少年探偵団』以来、多部ちゃんと共演歴のある役者さんがよく出てきますね。
もういつ引退しても、「引退記念番組」になるんじゃないかと不安になるほど。
(実際には次クールのドラマも撮影に入っているやに聞きますが)
キャリアがもう10年以上に亘るので、それだけ共演者も多いってだけのことですかね?
いや、ちょっと心配性なもので(笑)

【ついにスマホ転向?】

先日、ャンディ・クラッシュで遊んでいたら、カミさんが
「何スマホばっかりいじってるの?」というから、
貸してやったらスッカリ嵌ってしまいました。

ところが永年のガラケーユーザーなので、
すぐに私のスマホを取り上げたまま返してくれません。
やがて、ライフとバッテリーを空っぽにしいて帰してくれます。

クリアすれば大喜びで次のステージ。
失敗すれば悔しがって、もう1回。
キリがありません。

で昨日ついに、
「このゲームやりたいから、スマホにする」と転向宣言。
気が変わらなければ、来週月曜日に病院に行くので、
近くにあるdocomoショップに立ち寄る予定です。

私はジャンボを買う予定。

そんなこと話してたら、TVCMが・・・
「ねえ、ひょっとして多部未華子ちゃんが出てるから・・・」
(図星!)
「いや、フェイスブックに紹介されてたんだよ」と冷静を装う私。

cc131212a.jpg
背後の「UBDAERGROUND」ノロゴマークが何となく
親会社のそれに似てるのでちょっとビビりますw



15歳でデビューした宇多田も、今年12月9日で15周年。
メモリアルとして2つの大きな「幻のライブ」が公開されます。

【Utada<In The Flesh 2010>配信】

2010年1月~2月にかけて宇多田ヒカルが“Utada”として行った、
初の全米ライヴハウスツアー<Utada "In The Flesh" 2010 Tour>のライブビデオが、
宇多田ヒカルのデビュー記念日にあたる本日12月9日にiTunesにて配信を開始されました。

また、宇多田ヒカルとして過去に発表してきた、全ライブビデオもiTunesにて配信開始。
2000年の初の全国ツアー<BOHEMIAN SUMMER 2000>から、彼女が“人間活動”に入る前の
横浜アリーナライブ<WILD LIFE>までが<Utada "In The Flesh" 2010 Tour>同様に
さまざまなデジタルデバイス上で楽しむことができます。

300_utada2.jpg


■iTunes リリース情報1
iTunes配信日:2013年12月9日
再生時間:1時間46分45秒
フォーマット:SD
※UTADA/宇多田ヒカル iTunesライブビデオ特集ページ
www.itunes.com/utada_hikaru
<Utada "In The Flesh" 2010 Tour>
“Utada/Utada Hikaru: In The Flesh 2010”
1.Opening
2.On and On
3.Merry Christmas Mr. Lawrence - FYI
4.Poppin’
5.This One(Crying Like a Child)
6.Passion/Sanctuary
7.SAKURAドロップス
8.Stay Gold
9.Devil Inside
10.Kremlin Dusk
11.You Make Me Want to Be a Man
12.The Bitter End
(※イギリスのバンド“Placebo”のカバー曲)
13.Apple and Cinnamon
14.Come Back to Me
15.First Love
16.Can You Keep A Secret?
17.Automatic
18.Dirty Desire
19.Simple And Clean
20.Me Muero


【※UTADA/宇多田ヒカル iTunesライブビデオ特集ページ】
【Universal Music Japan 】
【BARKS 音楽情報】
【<In The Flesh 2010>iTunesライブビデオ特集ページ】



300_utada1.jpg


【First Love 再販】

First Love -15th Anniversary Edition-
(期間限定生産盤)(DVD付)
[CD+DVD, Limited Edition]
2014年3月10日発売

○オリジナルアルバムも手掛けた世界最高峰のマスタリングエンジニア
Ted Jensenによる2014年最新リマスター音源で収録。

○1999年4月に大阪と東京で開催された伝説のファーストライブから
スペシャルゲストとしてスチャダラパーが参加した東京公演を完全収録。
初のDVD商品化 (ラジオで実況放送したことがあります)


宇多田」ヒカルが最高にクールだった頃の、日本最大のセールスアルバムが
デビュー15周年を記念して装いも新たに発売されます。
特にLUV LIVE [DVD]は必見!です。(私もラジオを録音した音源しか持ってない)

■LUV LIVE [DVD]
[収録曲]
01. 甘いワナ ~Paint It, Black
02. time will tell
03. In My Room
04. Never Let Go
05. Another Chance
06. Give Me A Reason
07. Automatic
08. 今夜はブギー・バック feat.スチャダラパー
09. First Love
10. Movin' on without you



First Love -15th Anniversary Edition- (期間限定生産盤)(DVD付)First Love -15th Anniversary Edition- (期間限定生産盤)(DVD付)
(2014/03/10)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る


未発表曲収録も含めた別バージョン(べらぼうに高価)もあるので用注意。



○これは架空の映画のシナリオで実在の人物とは関係ありません

□  □  □  □

オープニングシーン
出演者:広田 恵
    渡辺 祐(理事)・・・きたろう みたいな人
    太田裕市(所長)・・・高嶋政宏 みたいな人


【応接室】

福祉法人渡辺理事の対面には、太田所長に付き添われた恵が座っている。
履歴書に目を通す理事。

太田「白井さんが辞めて、看護師も不足していますし・・・
  先日私が面接したところ、真面目で熱意もあって
  若いけど見所があると思うんですが、
  理事、ひとつよろしくお願いします」」

 恵「私、おじいちゃん子なんです。
   あの、祖父に可愛がってもらって・・・
   ですから、お年寄りが大好きなんです。
   ひなたの匂いがするっていうか・・・」

太田、渡辺と顔を見合す。

渡辺「あの、誤解があるといけないんで、
   今のうちに言っておきますがね、
   ここは老人ホームじゃないんですよ。
   この福祉法人には千寿という老人向けの施設もありますが、
   今回募集するのは違うんです」

 恵「でも、あの、施設の名前が『ことぶき苑』て・・・」

渡辺「いや、ここはコトブキ町にあるから・・・
   更正施設、つまり刑務所や精神科の病院を出たばかりの人や
   ホームレスの人達、まだ世間に復帰できない人達の
   自立を支援する、そういうところなんですよ」

 恵「は?」

太田「いやあ、ホームページの募集要項には
   ちゃんと書いてあるんだけどなあ」

恵、恨めしそうに太田を睨む。
ちょっと怯む太田。

渡辺「とにかく、ここにはひなたの匂いのお年寄りはいません。
  タバコと埃と、汗の匂いのするおじさん、おばさんがほとんどです。
  ・・・
  それが生きてる証しですから」

太田「広田さん、勘違いしちゃったかなあ(笑)」

狐につままれたような恵の顔。
お茶をすする渡辺と太田。


DSC_0071_cB2

【テーマ音楽(未定)】

【タイトル】
『空も飛べるはず』



sth131207c.jpg
私は関係ないんでしょ?


横浜マリノスが負けたので、みなとみらいからのパレードは中止。
応援ありがとう、ということでお昼はシウマイ弁当でした。
1ヶ月に1度は食べてる、横浜市民のソウルフードですね。

DSC_0420_c.jpg
DSC_0421_c.jpg
一食750円。
筍の煮物が意外に美味しくて、御飯のおかずにもビールのつまみにもなります。



□  □  □  □


以前、ツレと京都まで旅行した折、
行きの新幹線の中で、まだ保土ヶ谷あたりだというのに、
ふたりで(新横浜で買った)シウマイ弁当を我慢できずに広げて、
社内販売で買ったビールを片手にモグモグ食べ始めたことがあります。
3人がけシートだったのですが、さぞかし匂いが立ち込めてたのでしょう、
次に社内販売が廻ってきた時に、(私達夫婦はビールをおかわり)
残るもう一つの席に座った若い女性が、フンとした感じで
「私は日本茶!」とっ注文していました。
その節は迷惑かけましたねw

前に紹介した博雅のシウマイとはまた別の意味で、思い出の味ですね。


□  □  □  □

【『お先にどうぞ』シウマイ弁当篇】

本作は濱田演じる平凡な主人公・大石壮(おおいしそう)が、
毎回食通でもあり上司や恋人の父親など胃が痛くなるような食事に臨み、
無事にくぐり抜けるべく“最高の食べ方”を模索する姿をコミカルに描いた
1回完結型のドラマ。WOWOWが視聴者の投票でレギュラー番組を決める
「大人番組リーグ」を勝ち抜いた番組で、観たら試さずにはいられなくなる
食のテクニックが満載。
これまで「カツカレー」「冷やし中華」をテーマに放送し、
第3回では「シウマイ弁当」、食べ方や食べる順番、さらに具材をチョイスして箸でつかんだり、
スプーンへの乗せ方などでエキセントリックに命名された“技”も飛び出す趣向。

この日は、『アヒルと鴨のコインロッカー』で共演した関めぐみが妻役。
シウマイ弁当を前に、食べる順番や食べ方によっては離婚する、
という薄氷を踏むようなお話でした。

ただ、番組中で披露される「技」はあまり、美味しそうでなく・
やはり日頃このヂウマイ弁当を食べなれてる横浜市民から見ると
残念な気もしました。

od131208a_c.jpg


私の食べ方はシンプルでいつも同じ。
但し、350ml のp缶ビールがつきものです(笑)

まず、シウマイを1個。
ビールをぐびぐび。
次に卵焼き、ぐび、鶏の唐揚げ、ぐび。
箸休めに筍の煮物、ぐびぐび。
鮪の照り焼きを半分、ぐび。
2個目のシウマイ、ぐび。
筍の煮、ぐび、ここで御飯をひとくち。

口の中が初期化されたところで、
3個目のシウマイを頬張り、ぐびぐび。

これでビールは空きます。

弁当箱にはシウマイ2個、鮪、筍、紅しょうが、昆布の佃煮、
カリカリ梅干、杏が残ります。
これで御飯のおかずにして弁当をたいらげ、
梅干でサッパリとした所に、デザートとして杏をパクリ。

ご馳走様でした。

【wowow 『お先にどうぞ』番組紹介】
明日12月9日は牛丼篇、ゲストは夏帆です、たぶん。



【本郷恵役:多部未華子】

2014年1月8日スタート 
毎週水曜日夜10時 放送

『リーガル・ハイ2』の後枠ですね。
『いいとも』の堺サンへの花はこの関連だったのでしょうか?

スペシャル真っ只中の予感・・・


SAVE0128_c.jpg


【フジテレビ/僕のいた時間 公式サイト】



【セーラー服なら、まだ持ってますけど】

この回は殺人とか復讐とかがテーマになっていて、いつもとはテイストが違いますね。
もっとも『浪花少年探偵団』ではけっこう毎回のように血生臭い事件が起きてたんで、
これくらいは不思議じゃないでしょう。
でも、私は人間が出来ていないので、愛するものを奪われたら復讐の念に苛まれるでしょうね。
でも、藤島は堀田家や仲間の男達によって、人の道を踏み外さずにすみました。
まあ、現役の刑事さんもいるんだから、それはお手の物でしょうw
ナイフを取り上げられたその手には「手作りの楽器」が握らされました。
つらいこと、悲しいこと、憎いと思うこと・・・

どんなことがあっても人を殺しちゃいけない

勘一さんの言葉が胸に響きます。
やっぱり、小説が原作だけあります。
音楽で憎しみを消化させるとは、ファンタジーでポエティックです。
見る側が気恥ずかしくならないのは、文学とか落語などの話芸ならでは、の世界。
(桂三木助の『芝浜』はそのままでは映像化できないでしょう)
このドラマがギリギリ失笑ものにならず、感動を呼ぶとするならば
それは演じる人達の自然な演技力の賜物でしょう。

難しいシーンを良くぞ、演じてくれたと拍手を送りたいです。


【そんなヒマあったら、古本でも眺めてろ】

今回ばかりは成人男性オンリーで行かせてほしい。
とはこれはある意味「ダーティワーク」であり、“力仕事”であること。
藤島のためにも女性や子供はこのまま知らないほうが良い、との
判断でしょう。

別れ際、藤島を取り押さえた刑事でもある常連の茅野さんが、
「またバンドワゴンで会いましょう」とそっと声を掛けたのが泣かせます。
それはそれ、これはこれ。
でも藤島はすんでのところで間違いを犯さずにすみました。

このことが後の、出版社まるごと買収しました作戦に繋がるわけですね。

堀田家に帰ると、留守番をさせられた女性軍が
明日はみんなでお休みを貰います、と仇をとるのがおかしい。
その提案をしたのが、すずみとは(すっかり堀田家に馴染んでいる)

セーラー服を持っているなら、また着てください(笑)
まだ大丈夫(何が?)



でも男達がスローで歩いていくシーンは、『レザボア・ドッグス』入っていましたね(笑)


【服は自分で選べる】

宇多田ヒカルは『海路』の中で、
「額縁を選ぶのは他人」と歌っています。
自分自身(が描いた絵でも)飾る時の額縁は他人が選ぶ。
つまり、評価は他者が下すもの、と歌っています。

また一方で『Prody』という歌では、
「自分の靴しか履けない それで歩けるんだからいい」
と歌っています。

つまり、自分は自分。
あれこれいうのは他人の評価だけど、
自分の道を歩いていけるんだから、
ほっといて
(はあと)

ということですね。


青の言った言葉も同様。

「自分の道は自分で選べる」

そしてある女優さんもこう言いました。

「われ、我が道をゆく」



DSC_0410_201312061514138d7.jpg
「青さんと、同じ部屋なんて・・・ きゃっ」
これもファンタジー(笑)
いまどき、こんな女の子いないってばw
というか、こういう芝居を見てるコッチが恥ずかしくならない
ぎりぎりの線を演じてくれてて助かります。
(でなけりゃ、さすがにチャンネル変えるw)

DSC_0413A_c.jpg
「現場」に向かう男衆。
横一列に並んで、陽炎がたってれば『Gメン』歩き。
一人ずつ増えていけば、『必殺』歩き。

rd131205a_20131206151857730.jpg
こちらは元祖『レザボア・ドッグス』歩き。
ちなみに、この映画では互いにコードネームで呼び合います。
ブルーとかピンクとか(色の名前で)


DSC_0414_20131206151337abb.jpg
危ない、危ない。
うっかりしてました。
この人も○○○ー○だってすっかり忘れてましたw
あれ?どこに所属してたっけ(笑)
ナイフを取り上げられ、代わりに「手作りの楽器」を持たされます。
これも、冒頭で子供達と一緒に作るシーンがありました。
意外ときっちり伏線をはってる脚本なんだなあと思いました。

DSC_0418_2013120615140863c.jpg
今回、驚いたのはこの表情。
終盤、偶然にも青の「床ドン」見舞われるんですが・・・
このヒトは仰向けになると、「天使のほっぺ」がこそげ落ち、
しゅっとした顔立ちになるんですね?
『怪物』でもSどうでしたが、こちらはナチュラルメイクに近いんで
蝋人形みたいにはなりませんでしたが「え?誰?」って感じですよね。



DSC_0419_20131206151859c1e.jpg
青が呼ばれて、一人になったすずみ。
「いい笑顔ですねえ」ってサチおばあちゃん、覗いてるの?

大人の女性の余裕を感じさせる笑顔で、最初の「きゃっ」の写真からは
3年くらい経ってるような気になります。
(ほとんど別人のよう)



【すずみの結婚式】

いよいよ青とすずみの結婚式当日。
いろいろ訳あって、池沢百合枝(往年のアイドル女優を合体させたような芸名w)
の映画撮影のロケも相乗りで行うことに。

結婚式は花嫁が主役のはずなのに、その圧倒的な覚悟の絵がなかったのは残念です。
そのかわり、青と生みの親の目と目の演技が中心となりました。
息子の結婚式に「映画のロケ」中の「女優」としてギリギリ(文字通り)末席に参列
しなければならない母親の心情を、ピンと張り詰めた空気の中、表現されていました。

記念写真には、この2話ほど「憎まれ役」だったトップ屋がカメラマンに。
手に持っていたカメラのレンズが、撮影の時には望遠から広角のものに変わっていて
なんか安心しました。

前回人生を救われた格好の藤島が、トップ屋木島の出版社を買い取った上で
木島にはロック専門誌の担当をさせるという力技でゴシップを封じました。
『バットマン・ビギンズ』でもレストランを買い取ったりしてました。
お金持ちキャラの定番ですよね(笑)

「僕の人生を賭けて守るからね・・・」

この時のために、この藤島というキャラがいる様なものですね。
彼もまた、この「下町の大家族」に救われた人間の一人でした。


【母と子の絆】

「産んでくれてありがとう。
だからこそ、こうして幸せになれた」
母と子の対面はあっという間でした。
勘一さんの機転で、隣りに並んで、記念写真に収まった百合枝。
「本日は雨で問うございます」
「ありがとうございます」
直接交わした母子の会話はこれだけ。

母と子の再会は一瞬の出来事でした(ポール・サイモン)

夜になって、写真を百合枝にそっと渡す我南人。
続いて青がやってきて、我南人に言う言葉が冒頭のセリフ。
その言葉を塀のむこうで、聞く生みの親。

役者はみんな達者だし、玉置も平もなれて来ました。
刺激はないものの、おだやかな画面が続き、安心して観てられます。
て、思っていたところに、
血を吐く我南人。

いよいよ、ラストスパートがかかるのでしょうか?
(でも来週は最終回ではありませんw)


DSC_0402_c.jpg
多部ちゃんの花嫁衣裳。
でもこれは多部ちゃんドラマではないので、
花嫁さんの美しい潔さはこのくらいで・・・


DSC_0403_c.jpg
花嫁衣裳にもそのメイクにも負けぬ、多部ちゃんの目。
これこそすずみの芯の強さを物語っていますね。
『デカワンコ』『大奥』と、どんな衣装を着ても
「衣装に着られない」「大道具と化さない」多部ちゃんの真髄です。

DSC_0404_c.jpg
イチゴがいっぱいデコレートされた(花陽が字を書いた)ケーキを見て
「わあ~!」となるすずみ。ここでは芯の強さは隠れて
無邪気で純真なすずみちゃんになっています。
(実にさりげなく、結婚指輪がお披露目されてます)

DSC_0406_c.jpg
加えて、この写真を見るとオレンジ色もなかなか似合っていますね。


【多部ちゃんの夢を見た】

ところで、昨日多部ちゃんの夢を見ました。
僕の見た多部ちゃんはTVの中、でした。
少し髪が伸びてて、ど金髪で、バラエティかなんかに
出てて、ゲームをやってました。
カミさんと二人で「何か違うネ」と話し合っていました。

実は以前にも多部ちゃんの夢を観たことがあります。
広い事務所にいくつか間仕切りがあって、各々のスペースで
面接だかオーディションをやっていました。
私は面接官。
すると隣りの間仕切りのむこうから、聞きなれた声が・・・
多部ちゃん?
すると、彼女の気配がしました。
(夢だから、そうだということに想定されたのでしょう)
そのときは、声と気配だけでした。

なかなか“三次元的”な夢としては出てきませんね。
(叶姉妹やキムタクは前に出てきたことあるんですけどね)
きっとそんな感じの「距離感」なんでしょうね?


【時間つぶしに格好のゲーム】

昨日早速ダウンロードして、「キャンディクラッシュ」をプレイしてみました。
ふだんゲームはマリオやテトリス、射的ゲームくらいしかやりません。
実際遊んでみると、ゲームバランスがすぐれていて、簡単な作業から
難しいパズルへとステージは進んでいます。
今、12ステージで引っかかっています。
なかなかクリア出来ません。材料(サクランボが落ちないの夜ねえw)

時間の制限はなく、テトリスのように容赦なく上から落ちてくることもなく、
じっくり考えながら遊べます。
様々なカラーと形をしたキャンディを指で(昔やった15パズルの要領で)上下左右に
動かして、揃えるとパチンと弾けます。するとテトリスでいう連鎖が起きて、
状況がかわったり、スペシャルキャンディが出来て、いっぺんに多くのキャンディを
消したりも出来ます。こうして、いくつか設置されたゼリーを潰したり、材料を下まで
移動させたりして、ミッションクリアとなります。

色がきれいで音楽が可愛くて、通勤時やバス待ちのときにひまつぶしにプレイするのに
うってつけです。多部ちゃん、なかなか「らしい」ゲームのCMに起用されましたね。

一瞬の表情の変化で、「ああ、今雨あがんないかなあ、とふさいでるんだなあ」とか
「あ、ゲームをやっててクリア出来て、嬉しくなったんだなあ」とか
「雨もあがって、ゲームも上手く行って、ご機嫌だなあ」とか
そのタレントが可愛く映るアングルに拘るんかなくて
あてぶりのダンスのように分かりやすい演技で、そのときの感情を表現する多部ちゃんは
CMという媒体に、とっても合ってるかもしれないですね。
(いや、実際ロペとか凄くよく出来ていると思います、CMとして・・・
コッコアポは脚線美と声の美しさが映えます)

CC131202E_c.jpg
雨宿りの最中、「あ、ゲームやろう!」と思いついて
浮かない表情から、パッと顔がやわらぐ。
うん、わかりやすいですね。
余計なことしてないです。


CC131203B_c.jpg
雨がキャンディに変わって、「わあ」という表情。
ショートトレンチに長靴(レインブーツ言うの?)、青い傘がとっても良いです。


CC131203A_c.jpg
キャンディが揃った時のパチパチっという音と、
「スイート!」とか「デリシャス!」とかいう掛け声も
癖になりますね。



○  ○  ○  ○  ○

あ、今レベル12クリアしました。
最後は連鎖連鎖で、本人何にもしてないのに勝手に終了しました(笑)
気持ちよいですw




【英国の香り漂うCM】

ニンテンドーDSソフト『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』以来のゲームソフトCMですね。
といっても時代は流れ、スマホやタブレットで遊ぶソフトのようです。
イギリスのKing.comという会社のアプリで、全世界的に人気のゲームだそうです。
プレイはカラフルな色使いのキャンディを3つならべて消していくだけ。
クリア条件は「規定の手数以内にゼリーを消す」、「規定の時間内に指定されたスコアを取れ」など、
ステージごとに決められていて、キャンディを揃えると消えると言うより、「砕ける」感じが
とても気持ちよさそうです。

放送されるCMは2パターン

キャンディを【握りつぶす篇】と【踏みつぶす篇】があります。

背景はロンドンのようですね(イギリス発祥だから?)

合成かどうかは不明。

ただ多部ちゃんの顔が割りとすっきりしてる感じなので、ふっくらしてきた
『東京バンドワゴン』の収録前の時期に撮られたものと思われ(笑)

多部ちゃんの刻々と変わる表情は最高。

もっとCM、増えて欲しいです。

【握りつぶす篇】

cc131202a_c.jpg
別名スマホ篇w
何とも美しい映像ですね。

CC131202C_c.jpg
背景をロンドンタクシーが通り過ぎます。
パッと表情が華やぎます。

【踏みつぶす篇】

CC131202D_c.jpg
雨宿りの多部ちゃん。ちょっと憂鬱。
このあと、雨があがって、表情が一瞬で和らぎます。
さすがの表現力ですね。
実は、こういう顔が私の大好物です(歌手のhitomi 的な?)
デビューの頃の藤原竜也をてっきり新人女優かと思ってた私・・・。

CC131202F_c.jpg
ジャンプする多部ちゃん。
豪快にキャンディを踏む潰す(CGですよ)
そうそう、こういう動きのある絵がいいですね。
真っ赤なポストがロンドンっぽいです。

CC131202g_c.jpg
タブレットでも遊べます。

【Apple Storeサイトによる『キャンディクラッシュ』紹介】

【『キャンディクラッシュ』for Android 】

※「キャンディークラッシュ」は最後まで無料でプレイが可能ですが、おたすけアイテムや
ライフの追加など、一部ゲーム内アイテムは有料で購入することもできます。
課金機能をオフにする場合は、お使いのデバイスの設定画面からアプリ内課金を無効にしてください。
とのことw